テーマ:つぶやき

幸福な人生を目指して頑張っている時が「最も幸福」なのではないか

 橘令(たちばな・あきら)氏の「幸福の資本論」を読みました。私は人間にとっての普遍的な幸福とは何か?をずっと考えていましたが、このタイトルの橘氏の結論が今の私にとってすごく共感できるものでした。  前回の記事の「快と不快、両方ともその時限りの刺激でしかない」ということ、先日記事で紹介した、やなせあきら氏の言葉「幸福は幸福な人には見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年とともに楽しみが減るのは

  年とともに旅行、グルメ、観劇、その他の楽しみが減った。感動、感激が薄れている。年齢とともに刺激に慣れるからかと思っていたけど、その理由が、「余韻」が減ったからだというのに気が付いた。  今でもその場では若いころと同じように楽しい。けれど昔は旅行に行けば一・二週間は旅の記憶の余韻に浸っていられた気がするが、今はすぐに忘れる!この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シニアにお金は必要

 自分で使うお金や生活費はもちろんだけど、子ども、孫にあげられるお金です。子供にしても孫にしても金の切れ目は縁の切れ目じゃないかと思います。  お金を出してあげられるから年寄りに「付き合ってくれる」のではないか。スポンサーという感じでしょうか。若い者どうしで遊んでいる方が絶対楽しいでしょうから。まあ見返りを求めずおこずかいだけを目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイマスクが首にちょうどいい

 レンジでチンして温める「あずきのちから」のアイマスクが首にちょうどいいのを発見して嬉しくなりました。固定観念に凝り固まらず柔軟に考えなければいけないんだなあ。  私のストレートネックから来る首こりは夏になると酷くなります。夜寝ている時に使うベネクスのネックウォーマーを暑いからやめる、スカーフやタートルネック等で首を温めることをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十代・二十代に一番伝えたいこと

 15歳から25歳までは自己投資の黄金期。吸収力が他の世代に比べると段違いだから、ここで頑張れば後はかなり楽ができるはず。二十歳過ぎてすぐに子育てに突入してしまうのは男女共通でとてももったいない。子育てって園に預けてもプライベートの時間を全て費やすことを要求されますから。  けれど結婚はご縁。その人なりのタイミングがあるのも事実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナでわかったこと その弐

 お金もかからず誰にでもできる幸せになる方法その① 好きなだけ寝まくる! 朝の寝覚めが爽快ならきっとその日は元気に過ごせるはず! 幸せになる方法その② そうじをする! コロナで暇だった時けっこう掃除がはかどりました。人間の五感って目からの情報が八割以上。これは他の感覚に注意を向けたりして状況によって変わったりしますが、普段は目が87%だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛することって

 お金って手にしたら、それを失う不安も同時に手にすることになる。愛も同じことなの?ふと考えてしまいました。愛する人がいれば、その人を失う可能性はゼロじゃない。両親、伴侶、子ども、兄弟姉妹、家族、ペットの場合もあるかも。愛する人を失ったら自分はどうなるのか?もし自分が1人だけ残ったら?とか。なかなか恐ろしい事態ですが、想像しておくというか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more