NHKドキュメンタリー ヒューマニエンス“肝臓” 毒と戦う勇者

 肝臓が多種多様な化学分解で、私たちの体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵、有害物質の解毒・分解をし、食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌をしています。

NHKドキュメンタリー ヒューマニエンス“肝臓” 毒と戦う勇者 HPより

 “食べるというキケン行為”に挑む臓器、それが「肝臓」だ。例えばジャガイモなど、野菜の多くはアルカノイドなどの自己防衛物質、いわば“毒”を作る。さらにお酒のアルコールは分解過程で猛毒をまき散らし、たんぱく質からは分解される度に大量の毒が発生。それらを24時間休みなく500以上の化学反応で処理しながら、栄養素を生成し続けるのが肝臓なのだ。あらゆる食の環境に絶えず適応・進化してきた肝臓の戦いを妄想する。

 この番組で面白かったのは、がん治療に効果があることが確認された、ケトン食です。
 
 ケトン食とは、極端に糖質を減らした食事のことです。通常、糖質は一日200g程度を摂取しますが、ケトン食では20gから30g。普通の人が自力で行うには非常にストイックな食生活になるため、苦しくなるので難しそうです。お米やパンや砂糖などの糖質をどうしても食べたくなる。

 糖質から生まれるブドウ糖が体を動かすエネルギーになるのですが、癌細胞もこのエネルギーを使って増殖します。糖質制限で飢餓状態になり、ブドウ糖が枯渇すると、肝臓でケトン体を生み出すスイッチが入る。ケトン体とは、肝臓で脂肪を燃料にして作り出される非常用エネルギーなのですが、これが癌のエサになりにくいので、癌治療に効果があるということです。

 普通の人が家庭でケトン食を実行するのはかなり難しそうですが、ケトン食療法のさらなる研究を期待します。

過去記事ですが、ドキュメンタリー ヒューマニエンス 「“死” 生命最大の発明」
https://nanten505.at.webry.info/202105/article_10.html


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント