新型コロナウイルスの致死率は1~2%

 学術的にはインフルエンザに近い5類。それが政府も分科会も1・2類相当から外さない。致死率50%から90%のエボラ出血熱と同じ扱いです。科学的根拠と無関係に、感染法の規定で病院のエボラ並みの対応が決められている。だから限定された病院で医療崩壊が起きている。

週刊新潮、12月10日号、報道されない高齢者の死亡率激減! 演出される医療崩壊という記事です。

経済を壊し、医療崩壊を演出し、ワクチンを待望させる。そのことで利益を得るのはいったい誰でしょうか?


過去記事ですが、コロナワクチンの拙速な開発・承認は危険
https://nanten505.at.webry.info/202012/article_1.html



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント