3人の友達との夕食はバーチャルコンタクトよりもはるかに幸福にしてくれる

 ドイツの心理学者 マンフレッド・シュピッツアーの言葉です。欧米人だから夕食と書いてあるけど、日本人主婦なら絶対ランチ!でしょう。夕食は家族と食べる(作る)しがらみがありますから。お酒が入るのなら夕食になってしまいますね。私はお酒は飲めるけどなくても全然かまわない。田舎なので飲んでしまうと帰りは送迎を頼むか代行しかないので面倒なのです。  タイトルのこの言葉には私も賛成です。私のデジタルコンタクトなんてラインと、このブログくらいで見て分かる通りコンタクトなんて微々たるものですから。  シュピッツアーは子どものときからデジタル漬けになると、明らかに脳の健全な生育を阻害する、というテーマの著書がある方で、要はデジタルよりリアル(現実)!という主張をなさっている方ですね。私も賛成です。映画やドラマより本当はリアルの体験の方が絶対に脳に良いと思っています。五感全てが刺激されますから。  私は二人でランチできる友人は数人いるのですが、喋るのと聞くのと食べるので凄く忙しい。シュピッツアーの言う通り自分+三人というのがベストな人数ですね。しかし4人でもスケジュールを合わせるのは大変です。全部で5人でもいいけど。一人お誕生日席で。6人はちょっと多いかな。人数が多いほどスケジュールを合わせるのが大変になりますね。至極感覚的なもので理由は特にないんですけど。 過去記事ですが、友人の魅力ってなんだろう https://nanten505.at.webry.info/201906/article…

続きを読む

女性のための知識

 私の大好きな生活全般の実用知識って、子供時代を除いた人生の前半に必要だけど、後半は殆ど必要ないということに気が付いてしまいました。ショックだあ!知識や道具って時代とともに変化していくものだし、私の持っているものが今の人に役に立たないかもしれないと思うと悲しいです。  女性に必要な知識をステージ毎に考えてみると 学生(高校・大学生) 学校の勉強、ファッション、恋愛?  独身 キャリアアップ ハウスキーピング(実家などなら必要ないかも)タイムマネジメント(主に仕事)ファッション 恋愛? 子持ち キャリアアップ ハウスキーピング タイムマネジメント(プライベート含む)教育  子供が巣立つと、ほとんどの知識がそんなに必要なくなるんじゃないか?仕事のキャリアも先が見えてくる。おそらく時間にも余裕が出てくる。死ぬまで必要なのは健康関連とお金関連くらいだ。  しかし、人生の前半は限られた時間の中で膨大な知識を必要とすることが多いです。今の若い人たちは本を読まないと言われているけど何から生活全般の知識を得ているのでしょうか。ユーチューブかしら?雑誌は相変わらず売っていますが苦戦しているようだし。知識なんてなくてもなんとかなるのかしら。知りたいことがあったらググればいいんでしょうか。 過去記事ですが、人生は長すぎる? 短すぎる? https://nanten505.at.webry.info/201712/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

時間を忘れて集中できることは幸せ

 前回、人間にとって普遍的な幸福とは、「幸福な人生を目指して頑張っている時が『最も幸福』なのではないか」という結論のお話をしました。この「」内の言葉に出会った時、思い浮かんだ3つの言葉の最後の言葉の「成長のプロセスを楽しむことが大切」という言葉について感じた事を書いてみたいと思います。  成長のプロセスを楽しむ時間、というと真っ先に思い浮かんだのが何かに集中している時間でしょうか。時間の経過が感じられないほど我を忘れて熱中して没頭した時間が過ごせることはすごく幸せなのではないか。それで思い出したのがメンタリストDaiGoさんの本のフロー状態でした。 彼の言うフロー状態とは、 ①明確な目的がある ②意識を集中する ③我を忘れた状態になる ④時間が圧縮、短縮して短く感じられる ⑤ある課題をクリアすると、その効果をすぐに実感できる ⑥適切な難易度 難しすぎず、易しすぎず ⑦自分で状況をコントロールしている実感がある ⑧活動自体に価値を見出せる ⑨他者に妨害されない環境があれば更に良い  明確な目的や難易度のステップアップ、状況のコントロールなど集中以外の要素も含まれます。この①から⑨までが全て揃っているのが理想的なフロー状態なんでしょうけど、一つや二つ欠けても十分幸せなんじゃないかと感じます。 前回の記事ですが、 幸福な人生を目指して頑張っている時が「最も幸福」なのではないか https://nanten505.at.webry.info/202007…

続きを読む

幸福な人生を目指して頑張っている時が「最も幸福」なのではないか

 橘令(たちばな・あきら)氏の「幸福の資本論」を読みました。私は人間にとっての普遍的な幸福とは何か?をずっと考えていましたが、このタイトルの橘氏の結論が今の私にとってすごく共感できるものでした。  前回の記事の「快と不快、両方ともその時限りの刺激でしかない」ということ、先日記事で紹介した、やなせあきら氏の言葉「幸福は幸福な人には見えません。もしも不幸になったらその時に見えるはず。」という言葉。「成長のプロセスを楽しむことが大切」とい3つの言葉を思い出しました。成長の~これはダレの言葉だったか、バシャールだったか、この言葉は30年近く前に出会っていたので記憶が古すぎてわかりません。   幸福の資本論より引用  人生の様々な出来事に遭遇して一時的に幸福になったり不幸になったりしますが、その感情はいつものレベル(それはおそらく遺伝的、生得的に定められている)に戻っていくのです。幸福は逃げ水を追いかけるようなもので決して手に入れることができない。(ニック・ポータヴィー著 幸福の計算式より)  逆境をあまり経験したことのない人たちはある程度つらい経験をしたことのある人に比べて幸福感が低く、健康状態が劣っていた。逆境経験0の人達は逆境数平均の人に比べて人生の満足度がはるかに低かった。この現象を理解するポイントは「逆境は既に過去のものになっている」時のみということだが、逆境が人生の満足度を高めるのではないか。(米の心理学者 マーク・D・シーリーの「どんな試練も乗り越えられる」という論文よ…

続きを読む

年とともに楽しみが減るのは

  年とともに旅行、グルメ、観劇、その他の楽しみが減った。感動、感激が薄れている。年齢とともに刺激に慣れるからかと思っていたけど、その理由が、「余韻」が減ったからだというのに気が付いた。  今でもその場では若いころと同じように楽しい。けれど昔は旅行に行けば一・二週間は旅の記憶の余韻に浸っていられた気がするが、今はすぐに忘れる!この忘れる速度の速さがヤバイ。さすがに旅行などに行ったことは忘れていないけど、認知症ってこんな感じに進んでいくのかしら。  だから幸せを快とすると、その場限りの快・不快、両方ともその時限りの刺激でしかないのかと思う。今現在が全て!という意味では悪くないとは思っている。いい思い出を忘れてしまうのは悲しいけど。舞台などステージはすぐに忘れるので二回目観たい!と思う。さすがにチケットを入手できないので見たことないけど。映画なら二度見てしまう。そして二度目は見ながら思い出すから感動はかなり落ちる。  刺激でしかない不快だけどそれでストレスが溜まるから、快でストレスを洗い流す必要はあるし、脳の快の記憶はなくなっても、体(細胞)には快がいい影響を与えているんじゃないかと信じたい。 過去記事ですが、 1万人の脳画像でわかった40歳からの脳の鍛え方 https://nanten505.at.webry.info/201706/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

シニアにお金は必要

 自分で使うお金や生活費はもちろんだけど、子ども、孫にあげられるお金です。子供にしても孫にしても金の切れ目は縁の切れ目じゃないかと思います。  お金を出してあげられるから年寄りに「付き合ってくれる」のではないか。スポンサーという感じでしょうか。若い者どうしで遊んでいる方が絶対楽しいでしょうから。まあ見返りを求めずおこずかいだけを目一杯あげられるリッチなおばあちゃんにはなれそうにない。お金は出すから私に付き合ってもらいます。  なんて言えるように今のうちにお金は大事に使おう。今でも塾とかにお金はかかってるけど、大学に行ったらまたどんどんお金が流れていくんだろうからなあ。自分の老後資金(生活費)も貯めなきゃいけないよなあ。 過去記事ですが、貯金のコツ↓ https://nanten505.at.webry.info/202006/article_2.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

アイマスクが首にちょうどいい

 レンジでチンして温める「あずきのちから」のアイマスクが首にちょうどいいのを発見して嬉しくなりました。固定観念に凝り固まらず柔軟に考えなければいけないんだなあ。  私のストレートネックから来る首こりは夏になると酷くなります。夜寝ている時に使うベネクスのネックウォーマーを暑いからやめる、スカーフやタートルネック等で首を温めることをしなくなるからかな、と思っています。特に冬に愛用していた首肩用のレンジで温めるウォーマーが暑すぎて使えなくなるんです。  私の首こりは朝起きた時が一番ひどく、お昼ごろから徐々に楽になりお風呂上りが一番快調。朝にお風呂に入れればいいんでしょうが私だけのためにお風呂を沸かすこともできず、時間的にも厳しい。じゃあ首だけ温めればいいんだ!と思いついたのがアイマスクのウォーマーでした。    寝る時もアイマスクを使っているので、大活躍です。気温が高いので40分くらい温もりが続きます。チンしてタオルにくるんで使用すると本当に午前中が楽。凝ってないってとっても幸せ。 あずきのチカラ 目もと用 過去記事ですが、より深く眠るために https://nanten505.at.webry.info/202003/article_4.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

お花を買って!

 新潟県は海岸の砂丘地から山間高冷地まで幅広い種類のたくさんのお花が農家さんで栽培されています。そのお花が結婚式やイベントの減少で売り上げが大幅に減り、花農家さんが厳しい状況なのだそうです。恐らく新潟県に限らず、各県でも同様だと思いますのでお花を買って応援しましょう!  外出自粛の時には、お花に随分癒されました。そのご恩返しができたらと思い、自宅用にお花を買いに行きました。写真は2200円のアレンジメントです。鉢植えよりも切り花の方が応援になるかとアレンジメントにしました。  コロナ渦でお花を買ったのは3月くらい。その頃に比べると暑いのでお花が早く傷んでしまいそうですが、仕方がないですね。  過去記事ですが、ストレス解消のお花! https://nanten505.at.webry.info/202003/article_6.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

十代・二十代に一番伝えたいこと

 15歳から25歳までは自己投資の黄金期。吸収力が他の世代に比べると段違いだから、ここで頑張れば後はかなり楽ができるはず。二十歳過ぎてすぐに子育てに突入してしまうのは男女共通でとてももったいない。子育てって園に預けてもプライベートの時間を全て費やすことを要求されますから。  けれど結婚はご縁。その人なりのタイミングがあるのも事実で、本人どうしが望めば、周囲が強硬に反対もできなかったりします。  結婚はご縁なのでともかく、十代、二十代前半にしかできない恋愛もありますから恋愛は楽しみつつ、100%全力で没入しない。若ければこれがすごく難しい。なので忠告するのです。自己投資にも時間と労力を費やしましょう。  あやしいセミナーには注意してくださいね。そんな向学心に燃えた世間知らずの若者を餌食にしようと狙っています。お金を掛けて学ぶのであれば社会的に信頼できるものに限定しましょう。 過去記事ですが、西原理恵子さんの本、女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと↓ https://nanten505.at.webry.info/201907/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

やなせたかし氏の言葉

 「幸福は幸福な人には見えません。もしも不幸になったらその時に見えるはず。」 アンパンマンの作者、 やなせたかし氏の言葉です。新型コロナウイルスで私も痛感しました。出歩けられる自由は失ってみないと分かりませんでした。病気になって健康のありがたさが身に染みるというのは、よく言われますね。全てとは言いませんが、幸福の9割はその時は分からないものなんでしょうか。  以前何かで読んだのですが、人間が一番辛いことはお腹がへっても何も食べられないことだとやなせさんがおっしゃっていました。だからアンパンマンは自分の顔を割って差し出して空腹の人に渡すんです。  やなせさんの人生の本質をついた言葉に感謝します。アンパンマンマーチの歌詞は実は深いというのは結構有名です。戦争で生き残った自分自身か、特攻隊で散った弟さんへ向けての歌詞ではないかと言われています。推察しているサイトを貼っておきますね。 アンパンマンのマーチ 歌詞 そうだ うれしいんだ  いきるよろこび たとえ むねのきずがいたんでも なんのためにうまれて なにをしていきるのか こたえられないなんて そんなのはいやだ! いまをいきることで あついこころもえる だから きみはいくんだほほえんで そうだ うれしいんだ いきるよろこび たとえ むねのきずがいたんでも あ あ アンパンマン やさしいきみは いけ! みんなのゆめまもるため なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ わからない…

続きを読む

こんなおばあちゃんになりたい

 自然を敬い共生し、家族の無事を朝日に祈る。孫に人生で大切なことを教えてくれる。The 日本人の宗教観が清々しく、朗らかで明るいおばあちゃん。こんなおばあちゃんになりたいなあ。  産経新聞の朝晴れエッセーで一服の清涼剤のように心に響くおばあちゃんに出会えました。78歳の方のおばあちゃんなので明治生まれ?の方でしょうか。昼は畑仕事、夜は繕いものの働き者。  このおばあちゃんの祈りは、古神道研究家の相曽誠治さんの日拝鎮魂法ですね。早朝に太陽を拝して太陽エネルギーを体の中に取り入れて世界平和を神に祈る。みながこの日拝をするようになれば、その人自身はもとより、国の波動が上がるとおっしゃってます。個人の潜在意識と国民の集合意識が上がる方法だと解釈していますので、私も朝ゴミ出しの時だけだけどやっています。  皆さんに紹介しようと産経新聞のエッセーのサイトを検索したら、この日がない。祈りの描写が宗教チック?だからなのでしょうか。  しょうがないので全文書き出してみました。読みやすいように勝手に改行を入れてしまいました。 朝晴れエッセー 「お天道さん」  東の高台に「霧の背(せな)という畑があった。「霧の背」に朝陽が登る。下(しも)の集落はもう霧が抜け棚田の畔が幾重にも流れる帯に見える。  ばあちゃんは毎朝、「霧の背」に向かって両手を広げ何度も何度も、額の方に浴びるように両の手をたぐって、手を合わせ願い事をする。 「みんな元気なのも、お天道さまのおかげじゃ」。今日一日、…

続きを読む

コロナでわかったこと その弐

 お金もかからず誰にでもできる幸せになる方法その① 好きなだけ寝まくる! 朝の寝覚めが爽快ならきっとその日は元気に過ごせるはず! 幸せになる方法その② そうじをする! コロナで暇だった時けっこう掃除がはかどりました。人間の五感って目からの情報が八割以上。これは他の感覚に注意を向けたりして状況によって変わったりしますが、普段は目が87%だそうです。だから周りが綺麗だと気持ちが良いのですね。  朝の起きる時間が決まってたら夜早く寝ればいいんだけど、それが難しい。人間の体内時計が25時間なのと照明の発達で現代が夜型社会だからでしょうか。コロナで一時間くらい寝坊できた時期が何か月かありました。 これからもだらだらパソコン見てないでなるべく早く寝よう。  実母が掃除ベタな人だったし、幼少時代から整理整頓が苦手な自分は決して掃除好きなタイプではないと思っていたけど、掃除は気分転換になる。 目からの情報が8割以上ということは、ごちゃごちゃしたところにいると、よけいな情報が目から入ってきてしまうので無意識に脳が疲れて集中できなくなるそう。家はリラックスの場ですから、よけいな情報を入れずリラックスしたほうがいいということなんでしょう。  綺麗好きの人の心理がコロナでようやくわかりました。やっぱり汚いよりキレイなのが気持ちが良いのは当たり前だった(笑)こんなことがコロナで分かるとはとても意外だった。  整理整頓は少しずつですが克服できています。台所のキャビネットの中とか考えて動く必要があるとこ…

続きを読む

一緒にいたい人ってどんな人?

 他人って自分の得にならない人とはつるまないらしい。じゃあどんな人(同性)と一緒にいたいのか?と考えると、楽しい人、笑わせてくれる人っていうのが一番ですが、これは俗にいうコミュニケーション能力がかなり高い人。かなりハードルが高く、誰でもなれるわけじゃない。私にはかなり難しい。話を聞いてくれるだけでもいいらしいです。これなら私にもできるかも。  聞き上手ならわりとできるんですが、相手が話してばっかりだと私の方が尋問係りになってしまってバランスが悪くなるのが困るときがあります。とっさに何を話していいかわからない時があるので、あらかじめ話すネタを考えておけばいいんですなあ。  気を遣わないものをくれる人。お菓子とか。これは人によっては貰うばかりだと凄く負担に思う人がいるらしい。そういう人はお返しをくれるので分かります。  信頼できる人、優しい人、自分から動く人(お店の予約とか車出しとか)この3つを今後の自分の目標にしようかと思っています。でもこれは、相手(またはグループ)が信頼できる人かどうかを見極めてやる方がいいかも。 過去記事ですが、誰にでもできる喜ばれること・無財の七施 https://nanten505.at.webry.info/201805/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

イングリッシュガーデンの薔薇

 コロナで半分鬱っていた時、四月中旬にチューリップを見に来て、閉園だったのでショックを受けて帰りました。そのリベンジでバラを見に来ました。植物の生命力って凄く癒されます。コロナで痛感しました。  何年か前に夏に来たことがあったのですが、その時は枯れたお花が無造作に大量に植わっていて、ここだめじゃん!と思ったのですが、やっぱり花の見ごろの時期に来ないとダメなんですね。  見附の市民ボランティアの方が支えてくれているお庭です。イングリッシュガーデンでたくさんのお花が植わっているのであまり見ごろとか気にしていなかったのですが、チューリップと薔薇の見ごろに合わせてお庭のお手入れがされているのは確実のようです。  田舎なので畑仕事をしているお年寄りが近所に多いのですが、植物の生命力に日々触れるのってやっぱりいいんだなあと少しだけ羨ましくなります。私はズボラなので毎日お世話できない。紫外線も嫌いだし。  植物の生命力って本当に凄いですね。見ているだけでとても癒されます。実母が還暦過ぎたあたりで花の写真を撮るのにハマッていましたが、私も似てきたみたいです。  花鳥風月は歳を重ねるごとに味わいが増すそうで、聞いた時にはなるほどなあと思いました。自分の生命力が落ちてきたから植物の生命力が大きく感じるのでしょうか。私も50代に入って花と鳥にハマっています。   切った爪のような細い二日目の二日月(ふつかづき)、三日月、満月は大好きなんですがそれ以外は別に・・・だな。風は寒くて大嫌い…

続きを読む

爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳

 前回の記事で紹介した、生きるための爬虫類脳 哺乳類脳・人間脳。それぞれの人間の三大欲求が、「生きたい (人と)関わりたい 成長したい」らしいです。なんかすごくシンプルに納得できました。  爬虫類脳は生きるために必要な基本的な欲求。食べ物、飲み物、暑くも寒くもない安全な住処。哺乳類脳は群れを作りたい、という基本的な欲求でしょうか。喜怒哀楽、恐怖、嫌悪などの情動や仲間意識を発生させます。人間脳は未来を予測し論理的に思考する能力。創造的なことをしたい、目標を達成したい、成長したいという欲求です。  人間の全ての欲求がこの3つの脳で説明がついてしまうのは驚きました。そして3つの脳が同居していることが人間の苦悩の理由なんだそうです。それぞれの欲求を切り離せない。例えば人間脳で太り過ぎは不健康だからダイエットしたいと思っても、目の前に美味しいものがあると爬虫類脳は我慢できないし、哺乳類脳は面倒くさいことは嫌ったりして結局誘惑に負けて食べてしまう、のような感じでしょうか。  そして新型コロナウイルスは私たちの哺乳類脳の本能の欲求、群れを作ることを断ち切り、仲間意識を分断します。私の自粛中のストレスはこれだったんだとまた更に、納得できました。とても面白かったので貼っておきますね。 爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳|3つの脳の構造でわかる人間の三大欲求 https://swingroot.com/triune-brain/ 前回記事の「浮気遺伝子をもつ人」でもこの3つの脳に触れています↓…

続きを読む

浮気遺伝子をもつ人

 浮気遺伝子とされるDRD4という遺伝子。刺激を求める神経伝達物質ドーパミンを受け取る受容体が他の人より活発に活動するタイプらしく、ドーパミンがちょっと分泌されただけでも、もっともっとと刺激を欲するようになるらしい。前回の浮気の記事で説明した根っからの浮気者、異性好きの星の元に生まれた人達はこの遺伝子を持つのでしょうか。  おもしろい記事だなあと思ったので貼っておきますが、この記事は男の浮気は本能と無関係である、鮭の産卵(受精)と同じような感じでばら撒くのは魚時代の名残のような言い訳だと言い切っているのが私と意見が違うかな。  いや、魚時代の名残のようだと言い切るのは正しいのです。人間には爬虫類脳の外側に哺乳類脳があり、その上に人間脳があるのですが、恐らく浮気者は人間脳のブレーキの利き方がかなり弱くて爬虫類脳と哺乳類脳の力が強い人なのでしょう。  ドーパミンの刺激は異性とのお付き合い以外にも分泌されますが、若ければ若いほど脳内麻薬が一番強くドバドバ出てしまうのは異性を求める時なんじゃないかとも思ってます。これも個人差がありますけどね。 男の浮気は“本能”と無関係であることが判明 https://wotopi.jp/archives/36586 前々回の記事ですが、浮気が好きな男の人 https://nanten505.at.webry.info/202005/article_10.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

人間って

 「生老病死、全ては苦しみ」というお釈迦様(仏陀)の言葉を見たら、ああ、地球上の全ての生命は苦しみから逃れられないんじゃないか、と気がついてしまいました。生老病死のない生命なんて存在しないでしょう。微生物に病気はあるかしら?まあ、他の3つはあるでしょう。  人間なんて一番脳が他の動物に比べて発達しているので、人間関係などのストレスの苦しみが他の動物よりはるかに複雑になっている。人間って苦しみを経験させるのを目的に作られているんじゃないかとまで思えてきました。コロナショックも病気に関連しているけど、少なくとも動物は症状が出る前に病気を恐れることはないでしょう。私の被害妄想でしょうか。  もし、人間の苦しみが他の動物の倍なのであれば、きっと喜びや楽しみも倍になっているんだ、と思えればよいのでしょうか。こればっかりは計れないので答えは出ないでしょうけど。 過去記事ですが、本の紹介、どうでもいいことで悩まない技術↓ https://nanten505.at.webry.info/201901/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

近づきたくない人

 私が以前に悪口を言いふらされた人達、複数人の特徴です。自己愛性人格障害と言われている人の特徴にそっくりでした。私は精神科医じゃないので他人を精神病扱いにはできませんが、この特徴を全て持つ人には近づきたくないですね。 馴れ馴れしい。 仕切り屋。 人の悪い所ばかり探す。 群れている。 マウンティング大好き。 何かを探しているからか、落ち着きがない。 人間以外の生物に興味がない。 一人で過ごすことを嫌がる。 声が大きい。出しゃばり。 脅す、恫喝する、 取り入れたい相手を過剰にアゲる。 嘘をつく。 過剰に同情をひく。ここで泣く?っていうタイミングで泣く。 病気を理由にしたりして言い訳を言う。  騙される人達が、あんないい人だからタ―ゲットさんがひどい人なんだと勘違いします。タゲ(ターゲット)を悪者に仕立て上げる嘘もつくから、より一層タゲが悪者扱いされます。騙されている人も含め、取り巻きのような人達が周りにいるから調子に乗り続けます。  親の愛情不足や歪んだ仕打ちから、自己が不安定で劣等感が強い。タゲ以外には自分を偽って良い人のふりをするストレスもかなり溜まり続けています。 そのストレス発散をタゲにぶつけるから、止められない。タゲが逃げても、タゲを変えるだけでしょう。  私は今は接点がないので平和な日々ですが、思いがけない所で出会わないように祈っている日々です。 過去記事ですが、今回の記事と少々かぶるところもあります。 近づかない…

続きを読む

猫のようにふるまえばモテる?

 モテたければネコのようにふるまいなさい、ってことか。自分自身の経験と照らし合わせてもうなずけます。私はすぐに感情が表に出るタイプ。嫌な感情ならなるべく我慢するけど、嬉しい、楽しい、照れなど、プラスの感情は我慢する必要がないと思っていますし、難しい。犬的性格なのです。 引用 猫的感覚より 後書き 羽田詩津子氏  ネコは何を考えているかわからない。ミステリアスだ、と言われることが多い。ネコの飼い主やネコ好きは、だからこそ、いっそう猫という生き物に惹かれるのかもしれない。あの小さな頭の中で考えていることを知りたい。あの好奇心いっぱいの(と思える)まなざしは何を伝えようとしているのか知りたい。と居ても立ってもいられなくなるのだ。  そうして大半のネコの飼い主は愛するネコの前で右往左往しながら、ニャーという鳴き声やボディ―ランゲージから、何とか飼いネコの意図を読み取ろうとする。  その結果、どうにか意思疎通がはかれたと感じると、大きな満足感がこみあげ、改めて飼い猫に対する愛情をかみしめるのだ。ここまで書いてきて気付いたが、これはまさに男女の恋愛と同じだ。 引用終わり  男は基本がハンターなのだから、女はたまに甘い顔をしつつ大半はつかみどころのないクールな態度で男に追わせたほうがよい、とよく言われますね。  私は犬のように好きな人を追いかけたい性分だし、クールな態度なんて出来ませんでした。もっとネコのように振舞えればモテたかも?しかし今更わかってもこの知恵を役立てる…

続きを読む

忙しい日々が続く

11月中旬に風邪を引いてしまい、二週間ほど苦しみました。一週間は殆ど動けず、もう一週間はなんとか動けるけど調子が悪い日々でした。インフルの検査をしなかったのでインフルだったかどうかは不明ですが、ようやく本調子になりました。  しかしこの時期は一番一年で忙しい時なので、動けるようになると溜まっていた仕事が怒涛のように押し寄せ、ブログのアップが思うようにできません。この調子では12月10日ごろまでほとんど書けない日々が続きそうです。その後もお正月明けまでバタバタしますので、今月は本当に何本書けるか怪しいです。  微数ですがこのブログを見て下さっている方がいらっしゃるので心苦しいですが、お詫びとともにとりあえず忙しさとせわしなさのピークは今月初旬なので山をのり越えるべく、奮闘したいと思います。 にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

愛と喜びに満ちた生活って?

 愛と喜びに満ちた生活、という言葉を見て、今の自分の生活がいかに愛と喜びからかけ離れているか自覚しました。些細なことにイラついてしまう、テレビや新聞を見ると理不尽な事件に怒りを覚えてしまう。イジメ、嫌がらせ、怒りのタネは尽きません。  ではどんな生活が愛と喜びに満ちているのか?と考えるとなかなか難しいです。恋愛中はそりゃ満ちているけど、あれはホルモン分泌で脳内麻薬がでているから、と言ってしまえば身も蓋もありませんが。子育て時代はは愛と喜びに近いような気もしますが、イコールではない。子供がいたって自己中、自己愛で家族や子供をストレスのはけ口にしている人はたくさんいますし。本人は幸せなんでしょうか?分かりません。  自分の普段の生活に愛を増やすには愛するものを増やしていくしか思いつかないです。本、猫、ダンス、美しい音楽、美しい景色、鳥の鳴き声、美しい自然、家族やや友人への愛の深さは自分も他人のもよくわかりませんけど。  とりあえず、イラっとしたり怒りが湧いたら、愛と喜びに満ちた生活には遠いなあ~と自覚すること、100%満ちていなくてもよいので1%ずつでも増やしていけたらなと思うことにします。 過去記事ですが、一日、一楽しみ↓ https://nanten505.at.webry.info/201702/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

猫のテレパシー?

 テレパシーってなんとなく存在するんじゃないかと思っています。日本人の空気を読む行為はテレパシーだ、という説もどこかで読んだことがあります。外国ではそういう表現があまりないんでしょうね。  私は残念ながら人間の思念はキャッチできないんですが、うちの猫なら何を要求しているか分かります。 うちの猫は自分の要求があるときに鳴くのが基本です。たまに挨拶だけの時もありますが。猫の要求は、エサまたは冷たい水をちょうだい、ドアを開けて、散歩(家の中)に行きたい、これからだとストーブつけて、外が見たいから二重サッシの窓を開けて、などでしょうか。  鳴いた場所で分かるんですけど、これってテレパシーじゃないのかしら?私がうろうろすると猫もついてきて鳴くから分かりづらい時もあるけど。最終的にわかるからやっぱりテレパシーということにしときます。  多分家族の中で私が一番要求を分かってあげられてるのに、猫にとっての序列は私が一番下なんです。下僕扱いに甘んじています。雌猫なので、男性ホルモンが好きなんだと思ってます。  そういえば同じようなケースで、うちの子どもが言葉を話せない時、二歳半くらいまででも何を訴えているか大概分かっていましたね。  CDで彼の好きな洋楽のアルバムを聞いている時、宇宙語でしたが自分が好きな曲を聞きたい、と言っているのが分かりました。曲がわからないので、私が歌の真似をして擬音をいったら、楽しそうに繰り返すのでどの曲が好きかも分かりました。母親あるあるなんでしょうけど。 …

続きを読む

近づかない方がいい人

 外見でわかればホント楽なんでしょうが、この方面は私は相当鈍いのでしょう。分かりません。よく目がヤバイ、暗い、冷たい、笑ってないとか表現されるんですが、実生活で目で違和感を感じることは全くありません。だから私が判断するのはその人の言動ですね。  目で分かる人って実物ではなく、テレビや写真などの芸能人の顔や映像でも分かるというのですが、そういう人は多分視覚以外の何か(電波とか波動とか?)をキャッチしているんだと勝手に思っています。勘が鋭いというか第六感というか。人並外れていると超能力と表現されるのかしら。  主に同性ですけど、私が警戒するのはチヤホヤされたい、自分が輪の中心で居たい欲求が強そうな人、根ほり葉ほりさんが多いと思います。そんな人がコミュニケーション能力がかなり高い、口達者、親見になってくれる、異様に褒めてくれる(持ち上げてくる)。自分は病気だからとか、過剰に同情を引く。それらが全て揃っていると危ない。そんな人が凄く狡猾でずる賢く、周りに自分が被害者だと吹聴され私が悪者にされたことがありました。私が話しかけても何度も無視したのはその人が先の癖に。  上の特徴を持つ人を2人ほど知っていますが、他人と話しているのを小耳にはさんだ時にも、ああ、また自分を下げて異常に相手をアゲている。と分かるようになりました。要は他人に取り入るのが上手いんですよね。でもそんな人に騙される方も同レベルなんだ、と冷めた目で見てましたけど。  そんな人一人なら別にどうってことはないですが、声は大…

続きを読む

「生きる理由」がなくなってしまう(焦)

 前回、ホセ・ムヒカ氏の「素晴らしい人生とは、生きる理由を持ち続ける人生のことだ。」という言葉をご紹介しました。ごくごくありふれていますが、「私の今の生きる理由」は「子供が二十歳になるまで」。二十歳まで後4年です。後4年したら私の生きる理由はなくなってしまう。焦っています。  何故二十歳なのか? 私の親戚の男の人で、9歳で実母を亡くした人がいます。闘病もあったでしょうから、幼少期から思春期にかけて母親に十分甘えられなかったせいか、社会人になって一回り以上年上の女の人をパートナーにしてしまいました。女の人が年上なせいか、子宝に恵まれませんでした。マザコンとは言いませんが、息子に亡き母の面影を追い求めてもらうと困る、というのが二十歳までの最大の理由です。  実感としては16歳くらいで母親に子供として?甘えるのは卒業していそうな感じですが、ちょっと余裕を持って二十歳までにしておきました。まあ、結婚とか別の理由で孫が出来ない時は諦めますけど。  もう既にカウントダウンが始まっています。何か他の生きる理由を探さなければなりません。かなり焦ってます。 過去記事ですが、天命ってすぐに持てる?↓ https://nanten505.at.webry.info/201810/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

見晴らしのいい場所に行きたい

 見晴らしのいい場所! すごく贅沢感というか特別感がありますね。神社仏閣も良いけど、爽快感が違います。夕焼けや日の出の時に行ければ更にプレミアム感が倍増するのでしょうが、朝は寝ていたいし夕方は主婦は忙しい。でも見晴らしのいい場所探しくらいは普段できるかも。  うちの近くの見晴らしのいい場所はどこだろう?田んぼは見晴らしはいいんだけどちょっと違う。やっぱりちょっと高い所から見下ろす感じがいいですよね。山はちょっと遠い。車で20分くらいなんですけど。頂上は見晴らしがよいだろうけど、車で頂上まで行けるところって弥彦山くらいだし、低い山でも歩いて登るほどの気合はない。その他の山道で見晴らしのいい場所なんて思い浮かばない。意識して探してみましょうか。  うちの近くで数の多い見晴らしのいい場所は橋の上かもしれません。近くに寄った時に寄り道できたり、思い立ってふらっと行ける?または特別な日に行けそうな所を探してみたいと思います。 季節が違って春ですが、信濃川沿いの「桃と梨のお花畑&残雪の山」の過去記事です↓ https://nanten505.at.webry.info/201804/article_8.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

発見が好き

 私はネットが好き。本が好き。活字が好き。何で好きなんだろう?と考えたら、「新たな発見」があるから好きなんだ、ということに気が付きました。色々な物の見方や考え方。各種ハウツー。玉石混交の活字の中から一粒のトルコ石程度でも見つけられたらとても嬉しい。ワクワクします。  ドラマや映画は面白いし、見たいと思ったものは見る前はワクワクするけど、「知的発見」はあまりないなー。たまにこのブログでもテレビと映画は取り上げますが、本やサイトの方が圧倒的に多いですね。 小説は面白いけど、テレビや映画同様に「発見」はあまりない。だからあまり読まないんです。  あー、美味しいものの「発見」も大好きです。しかし食べ物は手当たり次第に食べると確実に身になる。太りまくる。活字ほど読み散らかすというか、食べ散らかすことができないのが難点です。  わたしは味覚の記憶がかなり良い方なので、いくら美味しかったものでも味を思い出せると食べる気が失せてしまう。発見が好きだから当たり前か。だから結構いろんな美味しそうな物やお店にトライします。  知的発見のお裾分けはこのブログを読んでくださっている方にも少ししてるかな?と思っています。あくまで私にとっての発見であって、他の人には当たり前のこともあるかもしれません。  美味しかったものの情報のお裾分けはあんまりしてないかもしれません。でもそんなに感動するほど美味しいものにあんまり出会ってないんですよ、と言い訳しておきます。 前回の記事ですが、最近の知的発見…

続きを読む

おしゃべりは楽しいけど疲れる

 女友達と遊ぶとおしゃべりのシャワーを浴びてとても楽しいですが、翌日どっと疲れます。私は疲れが溜まってしまうタイプなので。 遊んでる時は楽しいけど、残るのは疲れとだるさだけ?しかも嬉しくないことに2日くらいダルいです。なんて非生産的なんだろう。遊んで疲れて、これって意味あることなの?と思っていたこともありました。  なんの本に書いてあったか忘れましたが、サルの毛づくろいに相当することが人間のおしゃべりって書いてありました。毛づくろい、グルーミングは相手の体を綺麗にしてあげること。しらみやゴミをとったりして衛生的な目的もありますが、サルの場合、群れの中であなたに敵意はありませんよ、という社会的な絆や信頼を作り出しているらしいです。  しかも毛づくろいをしている時、脳内で機能する神経伝達物質、エンドルフィンが出ているらしいです。エンドルフィンって多幸感をもたらす脳内麻薬の一種です。毛づくろいをすると群れの中で幸せと安心感を感じているんです。  という同様の効果が人間のおしゃべりにあるらしい。特に女性は太古の昔から狩りには行かず家や集落で仕事をしながらおしゃべりをずっとしていたと思われます。おしゃべりが楽しいのは私の脳内にエンドルフィンが出ているからなのね、きっと。遊ぶこともおしゃべりも非生産的なことではないのでしょう、と思いたいのですが、何日も疲れている事実は変わらないですね。 過去記事ですが、マウンティングはサルにもあるんだ↓ https://nanten505.at.we…

続きを読む

悪口を言うことがストレスか?発散か?

 私自身は悪口を言うことがストレスです。悪口を言っている自分自身は嫌いです。自己嫌悪になります。でも世の中には悪口を言うことでストレスを発散する人がいるらしい。そして悪口を言うのが大好きな人は言う人間を信用する。逆に言えば言わない人間はつまらない、信用されないんです。結果悪口を言う人で群れる。私は悪口が言いやすい環境はメンタルに良くないと思うんですけどね。  悪口の共有ってある種の快感というか、結束力、一体感を高める、という効果があるのが厄介ですね。エスカレートするといじめがはじまります。  そういうことを画策するボスってコミュニケーション能力に長けていて、周囲を味方につける。そうして周囲に人がいない時だけ攻撃したり、悪い面を見せたりして、反撃されたら周囲に被害を受けたと言いふらして同情を集め、集団無視に持っていく。悪口を言うことが嫌いな人をターゲットにすることも多いんじゃないでしょうか。だって言い返されないもの。  そんな人の特徴は笑い方がオーバーで下品です。ギャハハ、って感じ。声が大きいですね。声の音量も周囲への影響も大です。悪口を言う人で群れるっていうことは、類は友を呼ぶ、性格の悪い人は性格の良い人が嫌いなんだと思うことにしてます。本当におかしな人がいて我慢していたら鬱になるからつい言ってしまう、というケースもあるかもしれませんが、傍で見てれば解ります。いつも悪口を言っているかそうでないかくらいはね。 過去記事ですが、悪口が好きな人達 https://nanten5…

続きを読む

アクセス解析のユーザー参照元、なんか詳しくなってる?

 ブログを見てくれている人が、どこから何を見て来たのか?を調べるツールのようです。7月25日以前は私のは同一サイト、リンクなしという表示で複数ブログを運営している人が見る項目なのね、と思っていたら25日以降はグーグルとかヤフーとかRSSとかやけに詳しく載っているようになっている?今頃気が付きました。  システムリニューアル前の参照元はグーグルとかヤフーもありましたけど、でもほとんどテーマ別の掲示板を見て来てくれた。っていう感じだったのですが、この7月のリニューアル後はアクセス数が増えて、グーグルとかと連携するようになったのかなあ、とのんきに考えていました。  まあ、アクセス数が増えるのは嬉しいからいいかあと思っていたら、参照元を見ると私のブログに来てくれている方のほとんどがブックマークして直接来てくれている!驚愕  私なんて週ニ記事くらいしかアップしていないのに、ブックマークして来てもらっても、また何にも更新されていない・・・来ても無駄なんじゃね?って忘れられてしまうんじゃないか。ぎゃあ、もっと真面目に書かなきゃだわ(汗)・・・   確かに記事を書いていないと目に見えて落ちます。7月はアクセス数が増えたのでちょっと安心しておさぼり気味だったのですが、がんばります にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

新潟・山形地震

 私が新潟に来て15年、中越、中越沖に続き3度目の震度4です。新潟って異常に地震が多い?って思ったけど、東京でも結構な頻度で震度4とか5とか来ているのですね。私の記憶になかっただけで。新潟地震っていうと昭和39年のを指すのが一般的なんで、今回はどんな名前がつくのかわからないけど、とりあえず勝手に新潟・山形地震と名付けておきます。  中越、中越沖地震と三回目、体感でなんとなく震度4くらいだろうと思っていたらドンピシャで正解でした。私の最大経験震度がこの4です。震度4くらいだと、怖いのは最初だけ。もっと大きくなるのかどうか不安だから。これ以上になるとかなり恐ろしいのだろうな。 今日は新潟市は小中学校とも通常。県立高校もほぼ通常のようです。新潟市は今日は平常モードです。  今回の震源地近く、新潟県の府屋と山形のあつみ温泉には5年前に行ったことがあるので心配です。すぐ後ろに山、目の前は海なので、土砂崩れと津波と両方警戒しなければならない気の毒な場所です。  新潟市は震度4なのに離れている長岡と柏崎は震度5。不思議ですが、プレートの関係かな?  私の記憶が怪しいので東京都の地震情報というサイトで東京の1990年からの最大震度を見てみました。毎年のように震度4とか5とかあるんですね。東京都といっても離島も含めてなのでかなり広い範囲ですけどね。 東京でも震度4は何度か経験しているので2から4までの震度なら体感でなんとなくわかります。 建物によって揺れ方は違いますけど。

続きを読む