テーマ:50代以上のblog

一緒にいるということは、「空気」を共有すること

 五感以外で感じる物の中に、「その場の空気」があることに気が付きました。シックス・センス(第六感)や超能力がなくても、誰でも意識的・無意識で感じていると思っています。特に日本人は日常的にみんなが空気を読んでいるんだから、外国の人達より得意なはず。  一部は、「匂い」に含まれるかもしれませんが、「空気を肌で感じる」という言い回しもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標は、紙に書けば成功する

 タイトルのキャッチコピーは神田昌典氏の著書「非常識な成功法則」より。あまりにも単純過ぎて、荒唐無稽っぽいのですが、私はすごく同意できるのです。以下引用。  そんなアホらしいことを聞くためにお前の本を買ったんじゃないと怒られそうですが、これは私だけに起こったことじゃない。自分の体験を講演会やセミナーで話していたら、「数年前に書いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

78:22 世の中は全てこの割合

 これはユダヤの法則と言われていて、全てのものはこの割合でなりたっていると言われています。ちょっと大袈裟ですが、例えば、 ①人体の水分の割合は78%、それ以外は22% ②肺呼吸が78%、皮膚呼吸が22% ③腸内の善玉菌が78%、悪玉菌」が22% 自然界では ④海が78%、陸地が22% ⑤空気中の窒素が78%、酸素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の中で、見るたびに嬉しくなる場所が日々の幸せになる

 タイトルの文章&ワクワクする空間、と筆者はおっしゃいますが、そんな場所私の家の中にはないなあ? これは今後の私の宿題にしましょう。何を見たらワクワクできるか?ですね。  花を飾った時だけだなあ。見るたびに嬉しくなれるのは。でも生来のズボラなのでメンテナンスがまったくできないので、花の命は短すぎる。お花を飾るのは春秋冬の気温の低い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間にとって一番危ないのが依存

 タイトルのこの言葉、なんかすごく納得できてしまいました。依存といっても対象は様々。アルコールやギャンブル、麻薬、ゲームなどの一般的なものから、会社、コミュニティ、人、宗教などなど。対象はなんでもありです。人間って本当に簡単に何かに依存してしまう。依存の恐ろしさは、それを喪失した時の怖さもありますが、例えばお酒をいくら飲んでも満足できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中力を高める方法

 今朝のNHKの朝のまちがど情報室でやっていました。どこかの研究室の方が紹介していた目の運動なのですが、テレビを見ながら言われた通りやってみると集中できそうな気がしたので紹介します。時間的には長くても一・二分くらい、そんなにかからなさそうです。 まず、四角い物を用意します。スマホや雑誌など。私はテレビを見ながらだったのでフレーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真の師は、自分の中にいる

 この言葉はなぜだか納得できました。ブログのネタに行き詰まるとネットでヒントをあさったりするのですが、いたずらに時間だけが過ぎていく。ようやく自分の中からテーマを見つけることができると、すらすらと文章が浮かんでくる。そんなことを何十回となく経験しているからでしょうか。  この言葉は鎌田浩毅さんの著書の一生ものの超・自己啓発から。鎌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスクの下で表情筋体操

 マスクをずっとつけているのでお化粧をしなくなってしまいました。表情筋を使う機会も減ったような気がするので、マスクの下でできる体操を見つけたのでご紹介します。う、お、い体操といいます。 初めに肩に手をおいて首を伸ばします う 唇をきゅっと小さく丸くすぼめて前に突き出します ウーと息を吐きながら5秒キープ。これを3セット。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進むべきか、または退くべきか? 身体に聴け

前回紹介した、「鎌田浩毅 一生モノの超・自己啓発」の続きです。以下引用です。  好きなことをしているとき、じぶんの身体に起きる感じをなんとなく覚えておきます。気持ちいいなあ、楽しいなあ、美しいなあなどと思う時の身体の感覚です。そして、まったく反対に自分にとって嫌なことをしている時の体の感覚、感じも覚えておきます。嫌だ、うっとおし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想からの引き算が自分を苦しめる

 夢を叶えるのに一番に潜在意識の障害になるのがタイトルなのかな、と思いました。以下引用です。  高みを目指せば目指すほど、理想の状態には程遠い自分を突き付けられる。価値に高い低いのレベルをつけている限り、多くの人は常に自分の理想に何かが足りない存在として認識し続けるのです。(引用終わり)  理想から引き算する発想をやめる。現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏野菜の保存方法

 長雨と日照不足で野菜のお値段高騰が続いています。キュウリやレタスは大容量や大きい方がお得ですが、使い切れなくなる可能性がある。そこで保存方法です。基本的に、畑で育つ状態とできるだけ近くしてあげるとよいらしいです。 きゅうり 野菜室で10日から14日 半分に切ったキッチンペーパーで一本ずつ包んでポリ袋に入れ、寝かせず立てて保存。ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホプレビューにようやく気がついた

 前回記事をアップした直後に、このブログのスマホ画面のデザインを設定していなかったことに気がつきました。去年の7月にシステムリニューアルをしてから一年あまり、気がついていませんでした。今月に入ってからスマホプレビューの存在にふと気が付き、見てみたら発見!?  今までずっとPCプレビューしか見ていなかったんです。スマホプレビューの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100歳の精神科医が見つけた「こころの匙加減」

 家族や肉親に限らず、「この人のために尽くそう」と思える存在を何人か確保しておくことが健やかで長生きできるコツです。どんなに物質的に恵まれていたとしても、「誰のお役にも立てない」という生き方は寂しいものですよ。  とおっしゃる高橋幸枝先生は、ご結婚はされていないそうですが、この本を出版したとき100歳で病院の現役の理事長をされてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の五感は「オンライン」だけで相手を信頼しないようにできている

 前回、前々回に引き続き、京大総長も務められた霊長類・人類学者の山極壽一さんのインタビューを紹介します。以下引用。  チームワークを強める、つまり共感を向ける相手をつくるには、視覚や聴覚ではなく、嗅覚や味覚、触角を使って信頼を形作る必要があります。人間は言葉や文字を作り、現代ではインターネットやスマートフォンなど身体は離れていても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友達が出来づらい

 前回に引き続き、京大総長も務められた霊長類・人類学者の山極壽一さんのインタビューにとても納得したのでご紹介します。以下引用。  大学生の悩みは友達ができないこと。 いったん友達になると、相手を信用しすぎてお互いに負担をかけあってしまう。脳ではつながろうとしているけど体ではうまくつながれていない。体でつながるというのは、五感(視覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共感を向ける相手を作るには、身体感覚の共有が必要

 京大総長も務められた霊長類・人類学者の山極壽一さんのインタビューが中々興味深い。サルやゴリラなどの習性と人間を比較して結論をだしています。  チームワークを強める、つまり人間が共感を向ける相手をつくるには、視覚や聴覚ではなく、嗅覚や味覚、触覚を使って信頼をかたちづくる必要があります。合宿をして一緒に食事をして、一緒にお風呂に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんの部屋のゴミ捨てが終わった!

 ああ、スッキリ達成感! 認知症のおばあちゃんの部屋のものを並べたテーブルが綺麗になりました。燃やすごみ以外の分別が必要なもの、例えば未使用の化粧品、使いかけの薬(液体やクリーム状)、洗ってないコップ、皿複数、使用済み乾電池、ヘアピン、画びょうなどなど。後は少し残っている洋服(着そうな物)を移動して壁や天井の埃をおとして掃除機をかければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60歳になるのが楽しみ

 池波正太郎さんのエッセイを読んで、60歳になるのが楽しみになってきました。年金以外で歳をとるのが楽しみだなんて思ったことは初めてです。 池波正太郎 「一瞬の平安」より 1986年に書かれた短編より引用   六十を過ぎると、あらゆる拘束が、あまり気にならなくなる。何とか切り抜ける知恵も若いときと違って頭に浮かんでくる。拘束を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の味の、のり弁

 ほっともっとのお弁当初めて買いに行って家で食べました!ずうーっと「ほか弁なんて・・・」って思ってたけど、テレビで見て「美味しそう!」と一目惚れ。実際食べて凄く美味しかった!作りたてだったし。スーパーのお惣菜やお弁当より十倍美味しい。比べるのも失礼か。  他人が作ってくれた暖かいものって本当に美味しいんだなあ。のり弁は2020年3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人の友達との夕食はバーチャルコンタクトよりもはるかに幸福にしてくれる

 ドイツの心理学者 マンフレッド・シュピッツアーの言葉です。欧米人だから夕食と書いてあるけど、日本人主婦なら絶対ランチ!でしょう。夕食は家族と食べる(作る)しがらみがありますから。お酒が入るのなら夕食になってしまいますね。私はお酒は飲めるけどなくても全然かまわない。田舎なので飲んでしまうと帰りは送迎を頼むか代行しかないので面倒なのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性のための知識

 私の大好きな生活全般の実用知識って、子供時代を除いた人生の前半に必要だけど、後半は殆ど必要ないということに気が付いてしまいました。ショックだあ!知識や道具って時代とともに変化していくものだし、私の持っているものが今の人に役に立たないかもしれないと思うと悲しいです。  女性に必要な知識をステージ毎に考えてみると 学生(高校・大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間を忘れて集中できることは幸せ

 前回、人間にとって普遍的な幸福とは、「幸福な人生を目指して頑張っている時が『最も幸福』なのではないか」という結論のお話をしました。この「」内の言葉に出会った時、思い浮かんだ3つの言葉の最後の言葉の「成長のプロセスを楽しむことが大切」という言葉について感じた事を書いてみたいと思います。  成長のプロセスを楽しむ時間、というと真っ先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年とともに楽しみが減るのは

  年とともに旅行、グルメ、観劇、その他の楽しみが減った。感動、感激が薄れている。年齢とともに刺激に慣れるからかと思っていたけど、その理由が、「余韻」が減ったからだというのに気が付いた。  今でもその場では若いころと同じように楽しい。けれど昔は旅行に行けば一・二週間は旅の記憶の余韻に浸っていられた気がするが、今はすぐに忘れる!この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイマスクが首にちょうどいい

 レンジでチンして温める「あずきのちから」のアイマスクが首にちょうどいいのを発見して嬉しくなりました。固定観念に凝り固まらず柔軟に考えなければいけないんだなあ。  私のストレートネックから来る首こりは夏になると酷くなります。夜寝ている時に使うベネクスのネックウォーマーを暑いからやめる、スカーフやタートルネック等で首を温めることをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十代・二十代に一番伝えたいこと

 15歳から25歳までは自己投資の黄金期。吸収力が他の世代に比べると段違いだから、ここで頑張れば後はかなり楽ができるはず。二十歳過ぎてすぐに子育てに突入してしまうのは男女共通でとてももったいない。子育てって園に預けてもプライベートの時間を全て費やすことを要求されますから。  けれど結婚はご縁。その人なりのタイミングがあるのも事実で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more