3人の友達との夕食はバーチャルコンタクトよりもはるかに幸福にしてくれる

 ドイツの心理学者 マンフレッド・シュピッツアーの言葉です。欧米人だから夕食と書いてあるけど、日本人主婦なら絶対ランチ!でしょう。夕食は家族と食べる(作る)しがらみがありますから。お酒が入るのなら夕食になってしまいますね。私はお酒は飲めるけどなくても全然かまわない。田舎なので飲んでしまうと帰りは送迎を頼むか代行しかないので面倒なのです。  タイトルのこの言葉には私も賛成です。私のデジタルコンタクトなんてラインと、このブログくらいで見て分かる通りコンタクトなんて微々たるものですから。  シュピッツアーは子どものときからデジタル漬けになると、明らかに脳の健全な生育を阻害する、というテーマの著書がある方で、要はデジタルよりリアル(現実)!という主張をなさっている方ですね。私も賛成です。映画やドラマより本当はリアルの体験の方が絶対に脳に良いと思っています。五感全てが刺激されますから。  私は二人でランチできる友人は数人いるのですが、喋るのと聞くのと食べるので凄く忙しい。シュピッツアーの言う通り自分+三人というのがベストな人数ですね。しかし4人でもスケジュールを合わせるのは大変です。全部で5人でもいいけど。一人お誕生日席で。6人はちょっと多いかな。人数が多いほどスケジュールを合わせるのが大変になりますね。至極感覚的なもので理由は特にないんですけど。 過去記事ですが、友人の魅力ってなんだろう https://nanten505.at.webry.info/201906/article…

続きを読む

女性のための知識

 私の大好きな生活全般の実用知識って、子供時代を除いた人生の前半に必要だけど、後半は殆ど必要ないということに気が付いてしまいました。ショックだあ!知識や道具って時代とともに変化していくものだし、私の持っているものが今の人に役に立たないかもしれないと思うと悲しいです。  女性に必要な知識をステージ毎に考えてみると 学生(高校・大学生) 学校の勉強、ファッション、恋愛?  独身 キャリアアップ ハウスキーピング(実家などなら必要ないかも)タイムマネジメント(主に仕事)ファッション 恋愛? 子持ち キャリアアップ ハウスキーピング タイムマネジメント(プライベート含む)教育  子供が巣立つと、ほとんどの知識がそんなに必要なくなるんじゃないか?仕事のキャリアも先が見えてくる。おそらく時間にも余裕が出てくる。死ぬまで必要なのは健康関連とお金関連くらいだ。  しかし、人生の前半は限られた時間の中で膨大な知識を必要とすることが多いです。今の若い人たちは本を読まないと言われているけど何から生活全般の知識を得ているのでしょうか。ユーチューブかしら?雑誌は相変わらず売っていますが苦戦しているようだし。知識なんてなくてもなんとかなるのかしら。知りたいことがあったらググればいいんでしょうか。 過去記事ですが、人生は長すぎる? 短すぎる? https://nanten505.at.webry.info/201712/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

時間を忘れて集中できることは幸せ

 前回、人間にとって普遍的な幸福とは、「幸福な人生を目指して頑張っている時が『最も幸福』なのではないか」という結論のお話をしました。この「」内の言葉に出会った時、思い浮かんだ3つの言葉の最後の言葉の「成長のプロセスを楽しむことが大切」という言葉について感じた事を書いてみたいと思います。  成長のプロセスを楽しむ時間、というと真っ先に思い浮かんだのが何かに集中している時間でしょうか。時間の経過が感じられないほど我を忘れて熱中して没頭した時間が過ごせることはすごく幸せなのではないか。それで思い出したのがメンタリストDaiGoさんの本のフロー状態でした。 彼の言うフロー状態とは、 ①明確な目的がある ②意識を集中する ③我を忘れた状態になる ④時間が圧縮、短縮して短く感じられる ⑤ある課題をクリアすると、その効果をすぐに実感できる ⑥適切な難易度 難しすぎず、易しすぎず ⑦自分で状況をコントロールしている実感がある ⑧活動自体に価値を見出せる ⑨他者に妨害されない環境があれば更に良い  明確な目的や難易度のステップアップ、状況のコントロールなど集中以外の要素も含まれます。この①から⑨までが全て揃っているのが理想的なフロー状態なんでしょうけど、一つや二つ欠けても十分幸せなんじゃないかと感じます。 前回の記事ですが、 幸福な人生を目指して頑張っている時が「最も幸福」なのではないか https://nanten505.at.webry.info/202007…

続きを読む

幸福な人生を目指して頑張っている時が「最も幸福」なのではないか

 橘令(たちばな・あきら)氏の「幸福の資本論」を読みました。私は人間にとっての普遍的な幸福とは何か?をずっと考えていましたが、このタイトルの橘氏の結論が今の私にとってすごく共感できるものでした。  前回の記事の「快と不快、両方ともその時限りの刺激でしかない」ということ、先日記事で紹介した、やなせあきら氏の言葉「幸福は幸福な人には見えません。もしも不幸になったらその時に見えるはず。」という言葉。「成長のプロセスを楽しむことが大切」とい3つの言葉を思い出しました。成長の~これはダレの言葉だったか、バシャールだったか、この言葉は30年近く前に出会っていたので記憶が古すぎてわかりません。   幸福の資本論より引用  人生の様々な出来事に遭遇して一時的に幸福になったり不幸になったりしますが、その感情はいつものレベル(それはおそらく遺伝的、生得的に定められている)に戻っていくのです。幸福は逃げ水を追いかけるようなもので決して手に入れることができない。(ニック・ポータヴィー著 幸福の計算式より)  逆境をあまり経験したことのない人たちはある程度つらい経験をしたことのある人に比べて幸福感が低く、健康状態が劣っていた。逆境経験0の人達は逆境数平均の人に比べて人生の満足度がはるかに低かった。この現象を理解するポイントは「逆境は既に過去のものになっている」時のみということだが、逆境が人生の満足度を高めるのではないか。(米の心理学者 マーク・D・シーリーの「どんな試練も乗り越えられる」という論文よ…

続きを読む

年とともに楽しみが減るのは

  年とともに旅行、グルメ、観劇、その他の楽しみが減った。感動、感激が薄れている。年齢とともに刺激に慣れるからかと思っていたけど、その理由が、「余韻」が減ったからだというのに気が付いた。  今でもその場では若いころと同じように楽しい。けれど昔は旅行に行けば一・二週間は旅の記憶の余韻に浸っていられた気がするが、今はすぐに忘れる!この忘れる速度の速さがヤバイ。さすがに旅行などに行ったことは忘れていないけど、認知症ってこんな感じに進んでいくのかしら。  だから幸せを快とすると、その場限りの快・不快、両方ともその時限りの刺激でしかないのかと思う。今現在が全て!という意味では悪くないとは思っている。いい思い出を忘れてしまうのは悲しいけど。舞台などステージはすぐに忘れるので二回目観たい!と思う。さすがにチケットを入手できないので見たことないけど。映画なら二度見てしまう。そして二度目は見ながら思い出すから感動はかなり落ちる。  刺激でしかない不快だけどそれでストレスが溜まるから、快でストレスを洗い流す必要はあるし、脳の快の記憶はなくなっても、体(細胞)には快がいい影響を与えているんじゃないかと信じたい。 過去記事ですが、 1万人の脳画像でわかった40歳からの脳の鍛え方 https://nanten505.at.webry.info/201706/article_3.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

シニアにお金は必要

 自分で使うお金や生活費はもちろんだけど、子ども、孫にあげられるお金です。子供にしても孫にしても金の切れ目は縁の切れ目じゃないかと思います。  お金を出してあげられるから年寄りに「付き合ってくれる」のではないか。スポンサーという感じでしょうか。若い者どうしで遊んでいる方が絶対楽しいでしょうから。まあ見返りを求めずおこずかいだけを目一杯あげられるリッチなおばあちゃんにはなれそうにない。お金は出すから私に付き合ってもらいます。  なんて言えるように今のうちにお金は大事に使おう。今でも塾とかにお金はかかってるけど、大学に行ったらまたどんどんお金が流れていくんだろうからなあ。自分の老後資金(生活費)も貯めなきゃいけないよなあ。 過去記事ですが、貯金のコツ↓ https://nanten505.at.webry.info/202006/article_2.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

アイマスクが首にちょうどいい

 レンジでチンして温める「あずきのちから」のアイマスクが首にちょうどいいのを発見して嬉しくなりました。固定観念に凝り固まらず柔軟に考えなければいけないんだなあ。  私のストレートネックから来る首こりは夏になると酷くなります。夜寝ている時に使うベネクスのネックウォーマーを暑いからやめる、スカーフやタートルネック等で首を温めることをしなくなるからかな、と思っています。特に冬に愛用していた首肩用のレンジで温めるウォーマーが暑すぎて使えなくなるんです。  私の首こりは朝起きた時が一番ひどく、お昼ごろから徐々に楽になりお風呂上りが一番快調。朝にお風呂に入れればいいんでしょうが私だけのためにお風呂を沸かすこともできず、時間的にも厳しい。じゃあ首だけ温めればいいんだ!と思いついたのがアイマスクのウォーマーでした。    寝る時もアイマスクを使っているので、大活躍です。気温が高いので40分くらい温もりが続きます。チンしてタオルにくるんで使用すると本当に午前中が楽。凝ってないってとっても幸せ。 あずきのチカラ 目もと用 過去記事ですが、より深く眠るために https://nanten505.at.webry.info/202003/article_4.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

お花を買って!

 新潟県は海岸の砂丘地から山間高冷地まで幅広い種類のたくさんのお花が農家さんで栽培されています。そのお花が結婚式やイベントの減少で売り上げが大幅に減り、花農家さんが厳しい状況なのだそうです。恐らく新潟県に限らず、各県でも同様だと思いますのでお花を買って応援しましょう!  外出自粛の時には、お花に随分癒されました。そのご恩返しができたらと思い、自宅用にお花を買いに行きました。写真は2200円のアレンジメントです。鉢植えよりも切り花の方が応援になるかとアレンジメントにしました。  コロナ渦でお花を買ったのは3月くらい。その頃に比べると暑いのでお花が早く傷んでしまいそうですが、仕方がないですね。  過去記事ですが、ストレス解消のお花! https://nanten505.at.webry.info/202003/article_6.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

十代・二十代に一番伝えたいこと

 15歳から25歳までは自己投資の黄金期。吸収力が他の世代に比べると段違いだから、ここで頑張れば後はかなり楽ができるはず。二十歳過ぎてすぐに子育てに突入してしまうのは男女共通でとてももったいない。子育てって園に預けてもプライベートの時間を全て費やすことを要求されますから。  けれど結婚はご縁。その人なりのタイミングがあるのも事実で、本人どうしが望めば、周囲が強硬に反対もできなかったりします。  結婚はご縁なのでともかく、十代、二十代前半にしかできない恋愛もありますから恋愛は楽しみつつ、100%全力で没入しない。若ければこれがすごく難しい。なので忠告するのです。自己投資にも時間と労力を費やしましょう。  あやしいセミナーには注意してくださいね。そんな向学心に燃えた世間知らずの若者を餌食にしようと狙っています。お金を掛けて学ぶのであれば社会的に信頼できるものに限定しましょう。 過去記事ですが、西原理恵子さんの本、女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと↓ https://nanten505.at.webry.info/201907/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

やなせたかし氏の言葉

 「幸福は幸福な人には見えません。もしも不幸になったらその時に見えるはず。」 アンパンマンの作者、 やなせたかし氏の言葉です。新型コロナウイルスで私も痛感しました。出歩けられる自由は失ってみないと分かりませんでした。病気になって健康のありがたさが身に染みるというのは、よく言われますね。全てとは言いませんが、幸福の9割はその時は分からないものなんでしょうか。  以前何かで読んだのですが、人間が一番辛いことはお腹がへっても何も食べられないことだとやなせさんがおっしゃっていました。だからアンパンマンは自分の顔を割って差し出して空腹の人に渡すんです。  やなせさんの人生の本質をついた言葉に感謝します。アンパンマンマーチの歌詞は実は深いというのは結構有名です。戦争で生き残った自分自身か、特攻隊で散った弟さんへ向けての歌詞ではないかと言われています。推察しているサイトを貼っておきますね。 アンパンマンのマーチ 歌詞 そうだ うれしいんだ  いきるよろこび たとえ むねのきずがいたんでも なんのためにうまれて なにをしていきるのか こたえられないなんて そんなのはいやだ! いまをいきることで あついこころもえる だから きみはいくんだほほえんで そうだ うれしいんだ いきるよろこび たとえ むねのきずがいたんでも あ あ アンパンマン やさしいきみは いけ! みんなのゆめまもるため なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ わからない…

続きを読む

こんなおばあちゃんになりたい

 自然を敬い共生し、家族の無事を朝日に祈る。孫に人生で大切なことを教えてくれる。The 日本人の宗教観が清々しく、朗らかで明るいおばあちゃん。こんなおばあちゃんになりたいなあ。  産経新聞の朝晴れエッセーで一服の清涼剤のように心に響くおばあちゃんに出会えました。78歳の方のおばあちゃんなので明治生まれ?の方でしょうか。昼は畑仕事、夜は繕いものの働き者。  このおばあちゃんの祈りは、古神道研究家の相曽誠治さんの日拝鎮魂法ですね。早朝に太陽を拝して太陽エネルギーを体の中に取り入れて世界平和を神に祈る。みながこの日拝をするようになれば、その人自身はもとより、国の波動が上がるとおっしゃってます。個人の潜在意識と国民の集合意識が上がる方法だと解釈していますので、私も朝ゴミ出しの時だけだけどやっています。  皆さんに紹介しようと産経新聞のエッセーのサイトを検索したら、この日がない。祈りの描写が宗教チック?だからなのでしょうか。  しょうがないので全文書き出してみました。読みやすいように勝手に改行を入れてしまいました。 朝晴れエッセー 「お天道さん」  東の高台に「霧の背(せな)という畑があった。「霧の背」に朝陽が登る。下(しも)の集落はもう霧が抜け棚田の畔が幾重にも流れる帯に見える。  ばあちゃんは毎朝、「霧の背」に向かって両手を広げ何度も何度も、額の方に浴びるように両の手をたぐって、手を合わせ願い事をする。 「みんな元気なのも、お天道さまのおかげじゃ」。今日一日、…

続きを読む

コロナでわかったこと その弐

 お金もかからず誰にでもできる幸せになる方法その① 好きなだけ寝まくる! 朝の寝覚めが爽快ならきっとその日は元気に過ごせるはず! 幸せになる方法その② そうじをする! コロナで暇だった時けっこう掃除がはかどりました。人間の五感って目からの情報が八割以上。これは他の感覚に注意を向けたりして状況によって変わったりしますが、普段は目が87%だそうです。だから周りが綺麗だと気持ちが良いのですね。  朝の起きる時間が決まってたら夜早く寝ればいいんだけど、それが難しい。人間の体内時計が25時間なのと照明の発達で現代が夜型社会だからでしょうか。コロナで一時間くらい寝坊できた時期が何か月かありました。 これからもだらだらパソコン見てないでなるべく早く寝よう。  実母が掃除ベタな人だったし、幼少時代から整理整頓が苦手な自分は決して掃除好きなタイプではないと思っていたけど、掃除は気分転換になる。 目からの情報が8割以上ということは、ごちゃごちゃしたところにいると、よけいな情報が目から入ってきてしまうので無意識に脳が疲れて集中できなくなるそう。家はリラックスの場ですから、よけいな情報を入れずリラックスしたほうがいいということなんでしょう。  綺麗好きの人の心理がコロナでようやくわかりました。やっぱり汚いよりキレイなのが気持ちが良いのは当たり前だった(笑)こんなことがコロナで分かるとはとても意外だった。  整理整頓は少しずつですが克服できています。台所のキャビネットの中とか考えて動く必要があるとこ…

続きを読む

一緒にいたい人ってどんな人?

 他人って自分の得にならない人とはつるまないらしい。じゃあどんな人(同性)と一緒にいたいのか?と考えると、楽しい人、笑わせてくれる人っていうのが一番ですが、これは俗にいうコミュニケーション能力がかなり高い人。かなりハードルが高く、誰でもなれるわけじゃない。私にはかなり難しい。話を聞いてくれるだけでもいいらしいです。これなら私にもできるかも。  聞き上手ならわりとできるんですが、相手が話してばっかりだと私の方が尋問係りになってしまってバランスが悪くなるのが困るときがあります。とっさに何を話していいかわからない時があるので、あらかじめ話すネタを考えておけばいいんですなあ。  気を遣わないものをくれる人。お菓子とか。これは人によっては貰うばかりだと凄く負担に思う人がいるらしい。そういう人はお返しをくれるので分かります。  信頼できる人、優しい人、自分から動く人(お店の予約とか車出しとか)この3つを今後の自分の目標にしようかと思っています。でもこれは、相手(またはグループ)が信頼できる人かどうかを見極めてやる方がいいかも。 過去記事ですが、誰にでもできる喜ばれること・無財の七施 https://nanten505.at.webry.info/201805/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む