テーマ:子育て

子どもの学力を向上させ才能を伸ばす7つの方法

 高校生の一人っ子の田舎の狭い世界の経験しかない私だけど、この7項目すごく当たっているなあと実感したのでご紹介します。お茶の水女子大学による文部科学省の委託研究、「全国学力・学習状況調査の結果、学力に影響を与える要因分析に関する調査研究」  というなんだか御大層なタイトルのレポートが添付されていますが、紹介したサイトは誰にでも分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものメンタル、20のチェックポイント

 新潟県教育委員会からのレターに乗っていました。小学生から高校生まで使える感じです。 明記されていませんでしたが、いじめ、不登校、鬱、自殺などの発見入り口になりそうな感じだと思いました。 □ これまで関心のあったことに対する興味がなくなった □ 物事に集中できなくなった □ 成績が急に落ちた □ 簡単に出来ていたことができな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小4女子のいじめ相談、柴門ふみさんの回答が秀逸

 新聞の人生相談、お母さんの相談だったのですが、柴門さんの回答が秀逸だったのでご紹介します。 小4女子、いじめられっ子と遊んでいると、いじめっ子グループが中心になり、みんな遊んでくれなくなった。 親はどうすればよいか?という相談でした。  女子グループあるある、大人でもあるよねーこういうの、といった私の感想はさておき、柴門さんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13歳からの家事の基本 (本)

 14歳のうちの息子用に買ったんですが、いやいや驚いた、主婦が読んでも十分ためになる!  この本は掃除、整理整頓、洗濯、料理、時間の使い方、裁縫まで家事の基本がおさえられる本です。 私の人生を変えた本、スピードクリーニングの訳者のアントラム柏木利美さんの本なので、 安心して購入できました。  私に一番ためになったのは、整理整頓の章…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生のための読解力をつける魔法の本

 このタイトルと12冊の本のタイトルが書いてある自分の手書きのメモが出てきた。全く記憶がないけど、どうやら同名の、魔法の本棚という本のなかの170冊のブックリストの中から抜粋したものの中から、さらに私が子供に読ませようとピックアップしたものらしい。子供はもう中学生なので用無しのメモだけど、アップしてみようと思う。  自分が子供の頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会科に興味がわくかも? マジックツリーハウス

 小学校低学年のお子さんに是非読んで欲しい、 全世界で一億三千万冊売れている大ベストセラー。 日本でも、2002年3月の初版以来、540万部を超える大人気シリーズです。 うちの子も小学三年生の時ハマリました。 冒険に出てくる国や時代に興味が出てくれば、 社会の世界史や世界地理が身近になること間違いなしです。  アメリカのペンシルバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小1息子がハマッた、ミルキー杉山の名探偵シリーズ

 小学校入学したての息子が、図書室で見つけてきたミルキー杉山の名探偵シリーズ。 一応児童書なのですが、挿絵が多く絵本のよう。 シリーズは19冊出ていますが、一冊に2~4つの短編が入っていて、全部のお話が事件編と解決編に分かれているのがこの本の良い所。 子どもが自分でミステリーの謎解きができるようになっています。  ミルキー杉山とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフ・シフト 100歳が当たり前の長寿化の時代が来る

 20代で就職し、60代が引退という従来モデルが通用しなくなる。それぞれ各自での人生の再設計が必要になる。どのように生き方、働き方を変えるべきか? この本は私のこれからの人生を変える本になるかもしれません。 それだけの衝撃はありました。 アラフィフの自分の寿命は、何の根拠もないけど、70代から80代くらいだろうと漠然と思っていました。9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動神経がどんどんよくなる、子育ての本

 表題にママだからできる、 とあります。 スポーツの英才教育でもなく、速く走るためのノウハウ本でもなく、身近な遊びを通して子どもが運動好きになってくれるための“未就学児の子育てのコツ"を教えてくれる一冊。 運動神経は遺伝しない、と言い切ってくれているので、誰でも運動が好きになれるかも。  運動神経に限りませんが、大人の神経の状態を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる

 中二男子の息子に、一歳くらいから小学三年生くらいまで寝る前に絵本や児童書の読み聞かせをしていました。 赤ちゃんの頃は、寝る前の儀式的に、これから寝るんだよ、というサインのつもりでしたが、この本を読むと結果的に良かったのかなと思いました。  私は読み聞かせボランティアをしているので、読む予定の絵本で子どもの反応を確かめたり、小学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生男子のイジメ対策

 以前、ネットサーフィンをしていて、小学生男子のイジメ対策スレを見つけて、すごくよい内容だと思ったのですが、今見つけ出せないので、思い出しながら書いてみます。  いじめられた時に、  ①少しはやり返す、またはちょっとだけでも言い返す。 無反応は良くない。 相手がどんどんエスカレートします。  ②言い返す想定をしておく …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二歳までテレビは控えた生活を

 2004年の4月に日本小児科学会が出した6つの提言があります。 うちの中二男子が1歳の時に出ているじゃないですか、知らなかった。 何となくあんまり生活としては良くないんだろうな、と思っていたことをお医者さんたちがズバリ言ってくれているのですが、知らない人が多いのではないでしょうか。 「日本小児科学会」提言  1.2歳以下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋をやると頭がよくなる

 中学生棋士の藤井聡太君は5歳で将棋を始めたそうですが、私が上海の学校で将棋を取り入れているのを知ったのも10年くらい前です。 将棋をやることによって、集中力や忍耐力、先を読む力などがつくというのは、納得できること。 小学校低学年くらいのお子さんが周りにいる方は是非やらせてみて下さい。   自分自身は小学校二年生くらいで将棋を父に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学力向上に将棋をやらせてみました。

 息子の一学年上の藤井聡太四段が連日テレビで報道されています。 息子が小学一年生くらいの時、母の私がすごく将棋をやらせたくて格闘していました。 テレビで上海の小学校で学力向上に将棋を取り入れているというニュースを見たからです。ちなみに私の将棋は小学校三年生でストップしてます。   東京でOLをしていた時、同じ課の名古屋大出身の後輩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本 ピンクとスノーじいさん 村上康成

 絵本の紹介をするのは初めてですね。 この絵本はすごく感動的でよい絵本なのに知名度がイマイチ・・・なのでご紹介します。 まさに今! 春に読むのにぴったりの絵本です。 村上康成さんのヤマメのピンクのシリーズ全4作の2作目です。 このシリーズ1作目が村上さんのデビュー作だったそうなんですよ。 1つ読んでないのがあるのですが、おそらくシリーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more