ショックな洗面台の交換

 洗面台の交換の大工さんと電気屋さんと水道屋さんが来た。一つの洗面台だけの作業と思って浴室脇は何も手をつけずにいた。今日のみなさんの作業中にやろうと思っていたら、業者さんが両方の洗面台で作業している こっちの洗面台と脱衣所は掃除も整理も何もしていないのに!  しかもあまり綺麗じゃない風呂場も全開! 道具がはみ出しているので風呂場のドアも閉められない。一人の人には「今日だと思わなかったので何もしてなくてすみません」と謝ったけど、他の二人の人には言い訳もできない状況。しかも言い訳できてない大工さんは息子の同級生のお父さんで顔見知り。ベランダも作業の物置と化していたし、あちこち綺麗じゃないのがバレバレ。あ~恥ずかしすぎる きっともっと汚い家も見ているハズと根拠もなく謎に開き直るしかない状況だ。  脱衣所もベランダも三か月前に大掃除をしているので誰にも見せられないほど汚い訳じゃないんだけど。ベランダは多少の枯れ葉とゴミと靴を洗って干した時の新聞紙があるくらいだけどね。脱衣所は床は綺麗なんだけど出窓の上がかなり埃っぽい。忙しくてクイックルワイパーを二か月以上かけてない。しかし一緒に立ち会ったダンナは全然恥ずかしいと思っていないようだ。これは許容範囲なのか?ちょっと救われる。    一日で終わらなかったのでまた明日来ますとのこと。ふー、業者さんが家にいると妙に緊張するのよね。気疲れするし、立ち入れない部屋もできるしほんとうに嫌だなあ。  前回の…

続きを読む

今年の目標

 今年の目標は台所のキャビネット、引き出しの整理。扉を開けると、引き出しを開けると物がごちゃごちゃなのです。一、二カ所どころではない、あれらをどうにかせねば。夏休みに親戚の子が一週間来るので必要に迫られてなんです。 そのほかに冷蔵庫の中、おばあちゃんの汚部屋、やらなければいけない所が何カ所もあって、今から憂鬱です。  とりあえず自分の過去記事を読んで、やらなければいけない作業のイメージングをしました。(汗汗) 過去記事ですが、整理の初めの一歩、「抜き作業」 https://nanten505.at.webry.info/201906/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

案ずるより片付けよう、住まいの老い支度 

 タイトルのキャッチコピーに惹かれました。阿部絢子さん、別の本を以前読んでいて、考え方が凄く共感できるなあと思ってたので読んでみました。今70代のようですが、いくつになっても、住、食、衣、働(学)、遊を充実させたい、とバイタリティ溢れる語り口は尊敬します。今回気づいたのですが、新潟出身の方でした。  この方の、人生四分割論に妙に感心したのでご紹介しますね。  20歳まで 幼期  20歳から60歳 壮期   60歳から80歳 老期  80歳以降 寿期  20歳から60歳の壮期のピークまで登れば、下りが訪れます。気力、体力、集中力が衰える老期になります。壮期にこそ、次に来る老期への準備が必要です。この時にうかうかしていると老期、寿期に破滅が来るかもしれません。有終の美は50代が握っています。  老期においては働は静かに衰えをみせ、人生を最後まで楽しむ余裕も出てくるので遊が大きく支配してきます。この時期に遊と学で充実させてこそ、終わり良ければ総て良しと胸を張れる人生ではないでしょうか。  阿部さんは50代から『片づけ』が必要とおっしゃっています。私は義母の負の遺産(ゴミ部屋)が複数ありますが、実父母が現在暮らしている実家の整理も将来出てくるかもしれません。    子育てに費やすエネルギーに終わりが見えてきた現在、学と遊を充実させたいのは切実なのですけど、「片づけ」とは生き方のことです。と言われると、全然減らない物が身につまされます・・     阿部さんの家のよ…

続きを読む

春と秋は捨て捨て月間

 今年の4月5月は忙しかったので秋こそは何かを捨てねば!整理せねば!と思っているのですが、中々重い腰があがらず、モチベーションアップのために本を読みました。片付かない!どうする我が家、親の家 ミドル世代の暮らし替え整理術という本です。本を読んでもモノは減らないのですがなんとか気持ちだけでも前向きにせねば。 その中の、 あなたの片づけタイプは? 優柔不断さんタイプ 「もったいない」がくちぐせになっていませんか?不要な物が判断できないタイプ モノの賞味期限を決める 定期的に内容チェック ダブり、使っていないものを抜く 綺麗の気持ちよさを知る 戻しベタさん 置きっぱなし 出しっぱなしで散らかるタイプ モノの定位置を決める よく使う場所の近くに 動線を考える おおざっぱさん 寸法も計らずに家具や収納グッズを買い足し悪化させるタイプ 使用頻度に合わせてよく使うモノに一等地を モノの定位置にラベル張り 見せると隠すを使い分けましょう 欲張りさん 安売りやお得に目がなく、同じものを買いだめしてしまうタイプ 増やした分だけ処分する ストックを把握する 一晩考えてから買う ものぐささん インテリアや収納本はたくさん持っているが、実際に片づけるのは面倒なタイプ ざっくり収納のアイテムを用意する 仮置き場を作る 定期的にチェック 散らかってきたなと思ったら、定位置に戻すよう見直しましょう  チャートもありますが、そんなのやらなくても私は…

続きを読む

浴室ドアのレールの掃除法

 夏の疲れがどっと出たのか?体がだるい重い。掃除しなくちゃと思いながらも腰も重い。掃除は嫌いです。凄いお金持ちになったら掃除は外注したいなあ。やっぱりバスルームかな?月イチで掃除してもらえたら嬉しいなあなんて妄想してても仕方ないんですけど。  大嫌いNo.1が風呂場と脱衣所の間のドアレールのサッシ。ウエスとトイレットペーパーと割りばしと目打ちで一時間以上かけて綺麗にしても、3日くらいで水がたまって緑色の藻?カビっぽいものが浮く。毎日拭かなきゃいけないの?めんどくさすぎるんですけど~。  その風呂場のドアレールのサッシの掃除、ググったら「マステ法」というマスキングテープを貼る方法がのっていました。  マスキングテープ、以前気に入らないプラスチックの引き出しに色をつけるのにスプレー缶を使ったのですが、その時使いました。色をつけたくないところに紙と貼ってスプレーインクをブロックしたなあ。   なんかわからないけど、やってみるか。以前使ったのは捨ててしまったのでまたダイソーで一番幅広いのを買ってきました。そして、レールを念入りに掃除をした後マスキングテープを貼る。  長さがよくわからなくて、三本くらいに分けて貼りました。ドアの開け閉めできるかな? うん、できた。かなりテキトーに貼ったけど、OK! すごく良いです。ドアレールに溜まる水が緑色にならない。藻みたいなのがつきません。何故かしら。解らないけどすごくいい。マスキングテープってすごく水に強いみたいです。汚くなったら張…

続きを読む

整理の初めの一歩、「抜き作業」

 モノが多すぎる~と整理ベタな私は嘆いていましたが、嘆いていてもモノは減らない。 断捨離、断捨離っていうんですが、その断捨離が超面倒なのよね~ しかし、先日図書館で仕入れてきた方法が私にとても向いていました。 タイマーをセットして、15分、30分、一時間でもいい。ひたすら不要な物を抜く、「抜き作業」。 ガラス張りの食器棚をやりました。 ゴミがかなり出たので捨てて、使わなさそうなものは別の場所に移動しました。 すっきりしました。    この「抜き作業」を教えてもらったのははごんおばちゃまという方の本でしたが、一緒に阿部絢子さんの本で見たのが以下の整理整頓のステップ。  ① 必要なものと不必要なものを分ける  ② 必要なものを分類する (形 機能 使用頻度など)  ③ 一定の容量に合わせて必要なものの指定席を決める(一軍二軍などのランク付け)  ④ すっきり指定席にものを収める  ⑤ 不要なものを捨てない方法を考える  ⑥ 不要なものを始末する  私が整理整頓が苦手な訳だ。こんなに考えなければいけないことが大量にあるなんて。本には①と②の間に、必要なものを厳選する、というステップもありました。 また、指定席に物を収めるのに箱とか仕切りとか入れ物とか準備しなくちゃいけないものもあるし、ゴミの分別もしなくちゃいけないし、10ステップ以上思考パターンはありそうですね。  「抜き作業」と一緒に4つの箱を用意したほうがいいかもしれません。 過去記事に説明していますのでご覧ください…

続きを読む

おばあちゃんの汚部屋のごみ出し その1

 7月にホームステイに来る子がいるので、義母、認知症のおばあちゃんの汚部屋のごみ出しをショートステイ・デイサービスにやりながらコツコツ進めている。20Lを10袋燃えるゴミ、洋服30L X 5袋を焼却場のリサイクルに出した。1/4くらいは私たちのゴミも含まれているけど。 でも部屋のゴミの総量は全然減らず、焼石に水のようだ。これだけ出しているのに部屋を目で見て変化は全然ないのは悲しいけど、コツコツ続けていくしかない。  汚部屋には紙類が多く、意外と重いので大きな袋に詰められない。うちはゴミ捨て場まで300m近くある。重くて運べないことのないよう、小袋で少しずつ出している。 回収する人も軽い方がいいよね。  しかしホント、おばあちゃんって何でも取っておく人だ。スーパーのレシート・家計簿・10年分、病院でもらうお薬カードや診療報酬の紙も輪ゴムで縛って10年分。老人会の書類はクリアファイルにファイルされている。分類する手間をかけるのは感心するけど、何のため?とっといて何にするんじゃ? 病院関係は確定申告もしてないのに。まあ、50歳になる旦那や弟のおもちゃや教科書も蔵にあるし、聞いても意味がないけど。  だから私が捨てなきゃいけない。高校生の一人息子に愚痴る。 私がやんなきゃあんたがやるんだよ、ってね。だんなには物置3部屋の処分を任せるつもり。おそらく7月までには手をつけないであろう。 私が中身を捨てて空にした段ボールは幾つかあるのでそのくらいは捨ててあげようか。  私はおばあちゃんの…

続きを読む

お掃除・整頓強化月間

 ここ一か月半ほど、家業の方がばたばたしていて、少々家の中が荒れていました。 私は整理整頓が苦手なのですが、自分に余裕のない日が続くと半分はあきらめの境地になりますが、もう半分ではあがこうとしています。50代で整理整頓をなんとかしなければ、年をとるにつれて更に家の中がひどくなるのではないかと感じるので、なんとか試行錯誤を重ねています。  もうこれは性分なんでしょう。”見た目を整える”ということに無頓着なのは治らない。必ず物が「吹き溜まる」場所が出来るのを自覚することにしました。 主にリビングとベッドルームの決まった場所です。  リビングの私のデスク上: 郵便物、ブログに使えそうな記事の切り抜きやら雑多な紙類、料理レシピなど  私のスチールラック前: 本、ゴミ(かばんやおもちゃなど、大きなもの) ダイソーなどの買い物をした袋等  お茶道具置き場: 頂き物のお菓子。うちは大量にくるのです。 飴とか羊羹とか日持ちのするものが増えていきます  洋服: 4~5月は冬物と春夏物が全部出ていてカオスでした  これらの場所は、余裕の有る無しにかかわらず、定期的に吹き溜まりを解消する必要がある。 余裕がない時でも少しでも見た目がマシになるよう努力する。  引き出しの中、押し入れの中のゾンビを退治する  いったん収納されたらそのままになって記憶から消されているものも多い。ゾンビを捨てて、今使っているものに一等地を。  ようやく少し余裕が出てきた今、暑くなる前にできることをしなくち…

続きを読む

猫の抜け毛対策

 うちには6才の雑種のメス猫がいます。毎年春から夏にかけて冬毛が夏毛に変わる時期は4か月くらい、部屋の中が抜け毛とホコリでひどいことになっていました。 ブラシは持っていますが、からまった毛を取りやすくするためにネットやシートをかませると全然毛がとれない。ほとんど使っていません。手で撫でるとモワモワ落ちる。 けれども手が一番早いと思っていました。  ネットで、掃除用のコロコロを直接猫にあてて毛を取る、という方法を見た時、これだ!と思いました。抜けた毛が部屋に落ちないし一石二鳥じゃないか!  試したら、うちの猫はそんなに激しく嫌がらない。1シートにつき五回位コロコロあてると、「もう、やあねえ」って感じで逃げていきます。五回もコロコロすると粘着力はなくなるし、ちょうどいい。一週間くらいやっていますが、本当に嫌いだとコロコロを見るだけで警戒するけど、そんなことはありません。歯磨きや薬を飲ます時ほど激しく抵抗しないです。   一日一回やっています。抜け毛の散乱がかなりマシになりました。ラッキーラッキー 嫌がらなければ猫だけでなく、小型犬にも使えるかも。長毛種の犬猫ちゃんにはちょっとかわいそうかしら。 過去記事ですが、幸せになりたければ ねこと暮らしなさい https://nanten505.at.webry.info/201708/article_8.html マーナ fitia コロコロクリーナー ホワイト W167Wマーナ Amazonアソシエイ…

続きを読む

カビに強力! カビトルデスで落ちた!

 お風呂の天井をすぐカビさせてしまう。 カビハイターストロングを今まで使っていたけど、それでは落ちないカビになってしまった。 ネットでカビトルデスが落ちる!というのを聞いて、楽天で買ってみた。 実はその前に生協で類似品を買っていたのだが、効果なし。 カビトルデスで落ちなかったらどうしよう、と途方にくれていた。  容器は木工用ボンドのように、指でつかんで押し出すジェルタイプ。 中身も見た目も生協のとあまり変わらない。 落ちるんだろうか、これ? 臭いもそんなにしない。 かすかにプールの消毒のようなにおいがするだけ。  説明書は読んだけど、最初は使い方がよくわからず、脚立に乗って木工用ボンドみたいなのを直接天井に塗っていった。 二時間くらい置いたら、赤くなってしまい、中々濡らしたぞうきんでは落ちない。 メラミンスポンジでしこしこ落としてみたら、透明マニキュアみたいな薄いシミが出来てしまった。 立って天井を見上げたくらいじゃ分からないけど。  でも落ちたー! カビが落ちたー!! すごーい、強力! チョー嬉しい!  落ち切らなかったのもあったけど、二回目にはほぼ消えた。 天井を分割してカビ落とししているのでまだ全部終わってないんだけど。 二回目は布のウエスでカビトルデスのジェルを塗っていったけど、布にかなりくっつくのでもったいないなー、と思って3回目はラップを丸めて塗ってみた。 いい感じに広がります。 30分くらい置いて濡れウエスで拭き取るのがいいみたいです。  もうカビさせな…

続きを読む

カリスマが伝授!「ここだけ」掃除で家中いつもきれい

 リビング、キッチン、玄関、トイレ、洗面台、バスルーム6カ所毎日やることと週一やることを教えてくれています。毎日やることは私の現状と比べてみてすごく多いかも。 毎日のを全部やってたらどれくらい時間がかかるのだろう? これを各箇所3日に一回とか減らしてもいいかな。 すると今とあまり変わらない? 私は一週間に一度とか結構まとめて掃除派なので。 でも考え方は参考になりました。   全国ビルクリーニング技能競技会で最年少優勝。羽田空港が、3回「世界一清潔な空港」に選出された功労者のひとりとして活躍した新津春子さんの教えだそうです。  カリスマが伝授!「ここだけ」掃除で家中いつもきれい↓ https://style.nikkei.com/article/DGXMZO11544550R10C17A1000000?n_cid=LMNST026&utm_source=outbrain&utm_medium=outbrain&utm_campaign=rtg&utm_content=article_ob4 過去記事ですが、プロが教える15分掃除がわが家を変える↓ https://nanten505.at.webry.info/201712/article_7.html にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

手ぬぐいは台ぶき用ふきんに最適

 最近100均にもとても可愛らしいモダンな模様の手ぬぐいが売っています。 私が使っているのは可愛い物ではなく、昭和30年代のノベルティ(〇×商店とかのロゴ入りのおまけ)。 おばあちゃんのが大量にあるんです。ざっと50枚以上。 新品だけどビニールにも入っていなくて、のし紙が巻いてあるだけ。 古くてシミだらけだし、人にはあげられません。  しょうがないので台ふきんに使いはじめましたが、案外これがなかなかいい。 梅雨前から使っていますが、 台ふきんって梅雨時はすぐにカビるのですが、 全然カビない。 これは嬉しい発見でした。 台ふきんも使わない時は干している人は縁がないお話かもしれませんけど。 私は干さないで台所の作業台の上にたたんで置きっぱなしなのです。 私は使い古した食器用ふきんを台ぶきに格下げしていたのですが、 これからは手ぬぐいを使うことにします。  手ぬぐいの使い道、本当に悩みました。 入院中は洗濯が気軽にできないので、手ぬぐいが重宝した、なんて話も聞きました。 コップを伏せて置いておいたり、体ふきやハンカチとしてタオル替わりに使える。 ベッドの手すりに引っ掛けて置けばすぐに乾くと。 よいなあ、と思ったけど入院の予定は私はもちろん家族すらないし。  可愛い柄なら家の中でも外でも喜んで使うよ? 炊飯器の目隠しとか暖簾とか箱ティッシュのカバーとか、ハンカチ代わりとか使い道はたくさんあるよね。 子供用甚兵衛を手作りしているのもネットで見ました。 とても可愛いかった。 でもうちの手ぬぐ…

続きを読む

日記の、「明日の目標」が掃除に効果!

  今年は日記を書きたいな、と年明けにブログに綴りましたが、ほぼ毎日、日記は続いています。最初は一か月に2日くらい飛ぶこともありましたけど。 この日記の最大のメリットは、明日の目標を書くことです。 やらなければいけないことではないのがミソ。 掃除はその最たるものですが、できれば明日やりたいなあと思って掃除の場所を書いておくと、50%くらいの確率でできる。 できなくても全然OKです。 2、3日続けて書けば、ほぼ100%出来ているから。   気になっている個所は無数にありますが、一番気になる箇所2、3カ所をメモします。 今はお盆前のお掃除強化期間なのですが、今月中旬に友達をよんでお茶したおかげで座敷はお掃除ができました。 風呂場や換気扇など、やらなければいけないところはたくさんありますが、気長に、ゆるーく、行くつもりです。   掃除が嫌いなのでこれは嬉しい発見でした。 今まではメモに気になる場所を書きだして終わったら二重線を引いて消していたのですが、日記の方がなんか楽にできているような気がします。   もちろんやらなければいけないことでも、こうなったらいいな、と書けるのでお勧めですよ。 でも50%そうなる?実現するか? 私には実感がないのでよく分かりませんが。  この日記は、順天堂大学医学部教授で、自律神経研究の第一人者として知られる小林弘幸氏が勧めているもので、  日記の内容は ① その日一番失敗したこと ② その日一番感動したこと ③ 明日の目標  を…

続きを読む

持たないていねいな暮らし (本)

 オールカラーのレシピ本のようなムック。 フォトジェニックというか、写真がシンプルでキレイ。 こんな無機質な生活は私には無理とわかっているので、 洋画を見るような感じで憧れます。 広告代理店でお仕事をしながら小さいお子さんもいて、シンプルライフをされているのが人気の理由なんでしょう。 お料理とかいい意味で素人っぽく、 普通の人が真似できそう、手が届きそうな暮らしぶりって感じでしょうか。   このマキさんという方、人気ブログから何冊も本を出版するに至っているようで、結構Amazonでは辛口コメントももらっています。 合理的と見るかどうかで色々な意見もあるのでしょう。 私は自分には決してできそうにないので、単純に凄いなあ、と思いました。 まあ、昔からこういう人はいましたね。 カリスマ主婦とか。 昔はSNSがなかったのですが、人気がでると掲示板とかに姑目線の辛口な意見はそれなりに出てきたような気がします。  インテリアは真似できないけど、お料理はおいしそうなレシピがありました。 ミックス豆と玉ねぎのマリネのサラダ、バターチキンカレー、餃子、きのこたっぷりの炊き込みご飯など試してみたいです。 冷凍味噌汁セット、けんちん汁セットは真似できるかも?  ベッドカバーやシーツの替えを持たない、お子さんまでキャミ&ショーツは2セットのみ、とか徹底しています。 ご本人の会社服も2パターンを交互に日替わりに着ているとか。 私は2パターンはせいぜい家着くらい。 でも、5年後の暮らしをイメージすると、子ど…

続きを読む

捨てられない人のリバウンドしない片づけ方

 図書館でパラパラと読んでみました。 借りてもいません。 でも、自分の整理できない「癖」を知ろうというのはまったくもってその通り。 うん、うん納得。 知ったから・・・片づけられるようになるのかは謎ですが。 その「癖」というのは二つに大別できるらしい。  ザツ子さんタイプ 無造作に置きっぱなし、出しっぱなし。 分類、仕訳が苦手。 家の中は一見散らかっていない。 が、引き出しや扉を開けるとぐちゃぐちゃ。  タメ子さんタイプ 収納がすぐパンパンになる。 引き出しの中がモノだらけ。 整理上手、分類上手なのにまだ入る、と油断して物を増やしていくタイプ。 いずれ家の中が不要品だらけになるかも?  →の方向に進んでいくフローチャートによると、私は正に、正真正銘ザツ子さんタイプ。 適材適所の判断と分類、仕訳がチョー苦手なのだ。 泣きそうになりながら少しずつ整理しているけど。 しかし、タメ子さんの要素も若干入っている。 典型的なのが洋服。 どんどん増えていく。 あんなに捨てているのに。  ザツ子さんへの処方箋として、引き出しや箱は、一つ一ジャンルの物しか入れない。  引き出しや箱は、大きさ別ではなく、用途別。  モノの居場所を決めて、使ったら戻す。 それだけ。  モノの収納スペースを8割に抑えること。  本当にシンプルなことなのに、これが難しい。 扉を開けるとぐちゃぐちゃな棚や引き出しをまずどうにかしなきゃだし。 ああ無情 過去記事…

続きを読む

捨て力強化!「捨てる!」技術

 著者の辰巳渚さんの訃報が飛び込んできた。 52歳、バイク事故で亡くなられたらしい。 突然の死にご冥福を祈りたい。 ベストセラー「捨てる!」技術の本を思い出した。 この本は私の人生に劇的な変化をもたらした本ではなかったけど、私に確実に転機をあたえてくれた本だと思う。 私の捨て力の原点の本だ。 私だけではなく、全ての日本人に転機をもたらしたのではないか。  私だけでなく、あふれるモノとの格闘に疲れ果てていた人々に優しいエールを送ってくれた。捨てることは決して悪いことではないんだよ、というエールだ。  先駆者の辰巳さんのおかげで、断捨離、こんまりさん、ミニマリストなど、日本人の新しいライフスタイルが生み出されたのだ。  この本のおかげで、自分自身が管理できるモノの数に限界があることが解った。解って定期的に断捨離しているけど、その捨てる量はまだまだ足りてないのかもしれない。 ほんとうになんでモノってこんなにどんどん増えていくのだろう? 「捨てる!」技術より、 捨てるための考え方10ヶ条 1."とりあえずとっておく"は禁句 2."仮に"はだめ、"今"決める 3."いつか"なんてこない 4.他人の"とっても便利"は、私の"じゃま" 5."聖域"は作らない 6.持っているモノはどんどん使う 7.収納法・整理法で解決しようとしない 8."これは捨てられるのでは"と考えてみる 9."しまった!"を恐れない 10.完璧を目指さない さあ捨てよう! テクニック10…

続きを読む

必要なものがスグに!とり出せる整理術 (コミック)

 汚部屋(足の踏み場もないほどちらかっている部屋)から脱出した筆者の、次のステップの整理整頓と格闘するお話。 普通の人には、「あたりまえじゃん」な内容なんですが、 それができないのが整理ベタなんですよね。 何をしまったか忘れ去られた押し入れ、うちにもあるある。 作者のダメっぷりが共感でき、クスッと笑えます。   ● 同じものは一つにまとめる。 自分にとって同じ種類でいい。 細かく分けない。 動作別に分けるのもよし。  ● 出しやすいように置く、 よく使うものに思い切りいい場所を。  編集者の2つのアドバイスを元に、ああでもない、こうでもない、と整理整頓に試行錯誤する筆者に自分が重なります。 私の弱点はしまい込むと物の存在を忘れ去ってしまうんで、目に見えるところにテキトーに雑に置きたがる。 揃えて綺麗に美的に置く、ということができないんです。  ウチのリビングは掃除ができているんで汚部屋というほどでもないんですが、 どうもごちゃついている。 スッキリ見えない。 リビングをなんとかしようと格闘していたら、春に息子の部屋の引っ越しに伴う部屋のシャッフルが始まり、おばあちゃんの部屋の物まで片づけの波が及んでしまいました。 でもリビングの整理を秋から、ちまちましていたので、空き地に自分の物を移動できました。     リビング以外の部屋の片づけもやることはあるのですが、とりあえずひと段落したので、この本を読んだのを機会にリビング整理に戻りたいと思います。   過去記事ですが、収納…

続きを読む

トイレ掃除が楽になるスタンプ

 だいぶ前から売っていて今更かもしれませんが、うちのトイレ掃除には効果がありました! これからの季節、手放せなくなりそう。 春夏、気温が25度以上になると一週間もたない感じだったのが、スタンプ5日、なくなっても更に5日くらい大丈夫そう。 もちろん気温にもよるんですが。  花形のジェルを便器に貼り付けるスタンプ。 トイレ掃除を毎日する人には必要ないかもしれませんが、うちは一週間に一度、冬場はもっと間隔が空く。 しかし夏は冬の半分以下の頻度の感覚だったのが、 暑い日が続いても一週間は持ちそうになりました。 ヘタすると5月は二週間近く持ったかも。 涼しいというか、寒い日も何日か続いたんですが。  スタンプは箱には一週間もつと書いてありますが、うちは5日くらい。 トイレの使用回数が多いのでしょう。 でもスタンプがなくなってもしばらく持ちます。 もつというのは、便器に黒カビ? がぽつぽつ出てくるタイミング。 今まで私は洗面台の排水溝付近の汚れでトイレ掃除のタイミングを見ていました。汚れが出てくるのがほぼ同時なので。 ズボラですいません。   うちのトイレは水流が上から下に落ちて、軽く回るタイプ。 トイレのタイプによってはスタンプ効果がないかもしれないです。 あとスタンプ効果はスタンプより下部分。 スタンプより上やフチ裏にはまったく効果がないので掃除はマメまたは念入りに。  スクラビングバブルのソープの香りのスタンプしか使ったことはないんですが、香りが好きです。 トイレの芳香剤なん…

続きを読む

おばあちゃんのゴミとの格闘 粗品タオル編

 自分たちの部屋の整理もまだまだなのに、旦那のスイッチが入ってしまい、おばあちゃんの納戸部屋の整理が始まってしまった。 和室2部屋+踊り場、服や物で溢れかえっている。義理父母、旦那の弟、義祖母、義理曾祖母の5人分の私物だ。  旦那の母は何一つ捨てられない性分で、なにもかも ”取り合えず” とっておく。 それなのに74歳で5年前にアルツハイマーになってしまった。 この家にいるのは今は呆けた義母のみ。今まで見て見ぬふりをしてきたけど、旦那の方に限界が来たみたいだ。  私は埼玉育ちで引っ越しも何度か経験しているので物を捨てる決断は躊躇しない方だが、物を捨てるって大変。 分別、パッキング、移動が必要。 ゴミ袋も粗大ごみもお金がかかる。 ジジババの大量の物(ゴミ)のせいで、旦那の弟も自分の物を捨てないで放置。 この間は女物のカバン20個、男物10個をゴミにだした。 まあ、旦那が率先して動いている時に、可哀そうだから時間があれば手伝ってあげる、というスタンスで行きます。    物が多すぎるから? この家は不幸なことに田舎なので収納場所が異常に多い。納戸代わりの2部屋、台所の大量の吊戸棚、床下収納5か所、押し入れ六間。 そして蔵。 恐らく全部義父母の代で作ったものだ。 物がたくさんありすぎるから収納を大量に作った? おいおい、使ってないものは全部ゴミなんだよ。 取っておいてどーするんだよ? 処分しろよー、と今ならツッコミたくなる。 本当に腹が立つ。   今は粗品タオルの分別中。…

続きを読む

プロが教える15分掃除がわが家を変える

 11月、12月は来客が理由で我が家のお掃除強化月間なのですが、お正月を目前のこの時期になるともっと計画的にお掃除しておけばよかったといつも後悔。 今更ですがこんな本を読んでみました。   さて、この本は家中のあらゆる場所の掃除を15分に区切る本。 お掃除って気合が必要なので15分のみ頑張る、というのはなかなかいいアイデアだな、と思いました。  毎年その都度気になるところを書きだしていましたが、この秋からは、チェックリストを作成。 この本を読むと、チェックリストが更に細分化できました。 ソファや電化製品、食器棚とか、キレイ好きさんは掃除するんだなーという意外な発見も。   私が汚れをためまくるからか? 田舎だから広すぎるからか? この本の段取りでは15分じゃ終わらないよー、という部分も多々ありますが、それは我が家に合わせて更に細分化すればいいだけの話。 バスルームとか、細分化したらもっとマメにやるようになるかなあ?  大晦日まで忙しいんですが、本当に気になるところだけ手をつけるとしますか。 おそうじもタイムリミットがあってお尻を叩かれている気分になるタイミングなので、いつもより少しは進むかも。   過去記事ですが、私に掃除革命をもたらしたスピードクリーニング ↓  これは15分掃除とは真逆の考え方なんですが、 これはこれでとても合理的ですよ。 http://nanten505.at.webry.info/201701/art…

続きを読む

収納が苦手な人のための片づけ術

 整理の習慣をつけるため、自分に一日一回、家のどこかの10分整理、というミッションを課してみた。 課してはみたけど、一番気になるスチールラックに手をつけられない。 溢れて前の床に積み重なる物を目にするたび、ため息をついていた。 今までこうだったんだから、これからもこれで良くない? 今忙しい時期だし、年が明けてからゆっくり時間をとれば? 悪魔のささやきが聞こえる。 そんな時、この本に出会った。 目から鱗がボロボロ落ちた。収納本を何十冊と読んできたけど、参考になる本は非常に少なかった。この本は収納ワザの本ではない。収納の考え方を教えてくれる本だ。  筆者は、いつかやる、「大整理構想」に囚われていると進まない。 「片づけが終わらない」のは「やることが多すぎる」ではなく、「やることを決めていない」だけ。 決めるのは、取り組む範囲であり、時間の長さ。 そして、次にやることをを見えるようにすること、と言う。  まさしくこれは今の私。「いつか、このスチールラックの物を全部チェックして、要らないものは捨てて、綺麗にしまいなおすんだ!」 でも、具体的に何をするか何も考えていなかった。 とにかく全部見て、不用品を捨てなければ、という強迫観念が重くのしかかっていた。 ああ、時間が相当かかりそう。 面倒くさい・・・。  すごく納得した。 そして考えた。 取り合えず子供のおもちゃを捨てる、 本人の承諾は得ているので。 プラレールは電池を抜く、ガンプラの箱はプラの枠とかの残骸と紙箱を分別の必要がある。 面倒…

続きを読む

片づけられない人のための考えない片づけ

片づけのモチベーションアップのために、手元に置いておきたい。シンプルな解決策がステップ順にかわいいイラストで書かれていて読みやすく、かつ私でも出来そうな気にさせるところがスゴイ。  小学生からお片づけに悩み続けて40年。収納、片づけ、整理術等おそらく100冊以上は読んできましたが未だに下手。雑然としたリビングを何とかしたくてこの本を手に取りました。  掃除は何とかなっています。掃除するには物に邪魔されない空間の方が断然やり易いということも分かっています。私の片づけベタの原因は、①物の数を決めて徹底的に守っていない、物が増える。故に物の定位置を決めても溢れる。②審美眼が甘い。雑然としていても許容できてしまう。のが根本原因。  Q&A方式で質問の部分は、あるあると頷けることも多く、シンプルな解決策ゆえに私でもできそう!という気になってしまう。モチベーションがあがります。片づけをやる気になれる。これは今までの片づけ本にはなかった嬉しい効果です。シンプルで当たり前のことばかりが書かれているので、内容が薄いとも言えるのですが、その薄さが私のやる気に効果がありました。  しかし、タイトルの「考えない」ですむ訳がない。目の前にある物が不要か否か、どこに置くのが最適かということを考えることは物の数だけ必要です。押し入れや引き出しをひっくり返して不用品を処分するという面倒からは逃れられない。 また、特に上に挙げた片づけベタの原因①が守られていないとリバウンドします。    私の弱点なの…

続きを読む

私に掃除革命をもたらしたスピードクリーニング

 家全体を丸ごと効率よく掃除する方法を教えてくれた本です。とにかく効率的に家じゅうの掃除が終了します。私の母は掃除べたな人で何も教えてもらえず、このルールを知る前は掃除が大嫌いでした。今ではそれほど嫌ではなくなりました。 iPodで音楽を聞きながらやり、嫌になったらやめるようにしてます。 完璧を目指さないのがゆるーくできるコツですかね。 本のおかげで空いた自由時間はそれぞれ各自のものです。  このクリーンチームのルールは一週間に一度キッチンとバスルームとリビングダイニングの掃除と、家じゅうのはたきがけ、掃除機掛けをします。 本書では、3人1組のチームで掃除をしていて、確かに効率が良いですが一人でもできます。 日本の和室に参考にならないとか、洗剤が手に入らないなどの問題はありますが、ちょっと考えれば解決します。  この本で学んだことは 掃除は常に上から下にする(単純なことですが、それまで誰も教えてくれませんでした。) 掃除は時計回りに一周、引き返さない。 洋式便器の掃除の仕方と順番など。  この本ではすべての道具をカフェエプロンの中に入れて掃除しますが、私は100均のバスケットに入れて持ち歩いています。 多少無駄な動きはありますが、それで十分です。ごみ袋のビニール袋だけは常に持ち歩きます。 洗剤は基本使いません。 メラミンスポンジがあれば十分です。 以前はトイレの掃除もトイレクイックルと重曹を使っていましたが、トイレ洗剤のほうが汚れのたまる速度が格段に遅いことがわかり、ト…

続きを読む