3人の友達との夕食はバーチャルコンタクトよりもはるかに幸福にしてくれる

 ドイツの心理学者 マンフレッド・シュピッツアーの言葉です。欧米人だから夕食と書いてあるけど、日本人主婦なら絶対ランチ!でしょう。夕食は家族と食べる(作る)しがらみがありますから。お酒が入るのなら夕食になってしまいますね。私はお酒は飲めるけどなくても全然かまわない。車が必須な田舎なので飲んでしまうと帰りは送迎を頼むか代行しかないので面倒なのです。

 タイトルのこの言葉には私も賛成です。私のデジタルコンタクトなんてラインと、このブログくらいで見て分かる通りコンタクトなんて微々たるものですから。

 シュピッツアーは子どものときからデジタル漬けになると、明らかに脳の健全な生育を阻害する、というテーマの著書がある方で、要はデジタルよりリアル(現実)!という主張をなさっている方ですね。私も賛成です。映画やドラマより本当はリアルの体験の方が絶対に脳に良いと思っています。五感全てが刺激されますから。

 私は二人でランチできる友人は数人いるのですが、喋るのと聞くのと食べるので凄く忙しい。シュピッツアーの言う通り自分+三人というのがベストな人数ですね。しかし4人でもスケジュールを合わせるのは大変です。全部で5人でもいいけど。一人お誕生日席で。6人はちょっと多いかな。人数が多いほどスケジュールを合わせるのが大変になりますね。至極感覚的なもので理由は特にないんですけど。

過去記事ですが、友人の魅力ってなんだろう
https://nanten505.at.webry.info/201906/article_4.html


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント