コロナでわかったこと

 今までは友人たちと一緒にいても自分が楽しくなければ幸せではないと思い込んでいました。コロナで会えなくなり、以前は友人たちと一緒にいられただけで幸せだったんだなあと気づかされました。家族なんかその最たるものですね。 家族と一緒にいても始終爆笑しているわけでもないし。楽しかったのは子どもが小学生くらいまでだけだったし。

 子育てが楽しかったのは、子どもの言動が自分の子供時代を思い出させてくれて追体験できたからなんだな、と思います。これってその時がすっごく楽しい!って思えることじゃない。

 なくなって気づくもの。だから子供が思春期になると一気に言動がつまらなくなる(笑)子供が同性ならまた別なのかもしれませんが。

 子供と一緒にいられる期間、時間は貴重なものです。私は晩産だったからそれが分かっていたからエンジョイできました。このコロナで家族一緒にいられた時間が増えたんだ、と前向きにとらえましょうか。

過去記事ですが、欲望とは(叶えられないと)苦なり↓
https://nanten505.at.webry.info/202005/article_5.html



にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント