圧力鍋の季節の煮物に挑戦

 圧力鍋を使っている方には今更すぎるんですが、圧力鍋で初めて季節の煮物を作ってみました。以前にスーパーの同名のお惣菜を買った時、大根とカボチャがやわらかいのに切り口の角がとれていない、スパッと包丁で切り落とした状態で、これは圧力鍋で煮たのかも、と思ったので一度挑戦してみたかったんです。

 具材的に気に入ったのでメモ書きをしていたのが出てきたので初挑戦してみました。材料は車麩、油揚げ 結び昆布 干椎茸 にんじん たけのこ水煮 だいこん こんにゃく かぼちゃ。多分スーパーで買った季節は秋か初冬ですね。

 最初の挑戦は、かぼちゃの大きさが小さかったらしくかぼちゃが煮崩れて溶けてしまった。同時に汁気(水分)が多過ぎたので汁物にして食べましたが、予想外に美味しかったのでまたリベンジで作ったのが写真のものです。こんにゃくとカボチャと大根は入っていません。

 圧力鍋、私は牛筋の下処理と玄米を炊くくらいしか普段使いしていなかったので、味しみしみの煮物が火にかけるのが10分くらいで出来てしまったのにすごく感動しました。

 我が家の圧力鍋はアサヒ軽金属工業の高圧の活力鍋なのでおもりが触れたら火を止める0分調理でした。しかし圧が下がらないと蓋は空けられないし、その間は余熱調理なので火にかけるのが10分、圧が下がるのが15分くらいかかります。

 具材の種類が多いし、下ごしらえにちょっと時間はかかるかな。でもこの煮物が私の便秘に中々いい塩梅だったし、大量に作れば3日くらい日持ちするし。すごく癖になりそうです。大根が今超高値なのが痛いので大根抜きですね。かぶでもいいけど煮溶けるリスク高いです。

 美味しさのコツはだしパックを使用した、いいお出汁と椎茸の戻し汁、あと昆布と油揚げでしょうか。スーパーの総菜は結び昆布でしたが、我が家の普段料理ははさみでチョキチョキ昆布です。油揚げは長岡名物の栃尾の油揚げを油抜きして使用しました。

 二回作りましたが、煮詰めるわけでないので水分の調整が上手くいかず、初回は汁多くなりすぎ、二回目はちょっと少なすぎでした。三回目はいい塩梅の水分量になりますように。

過去記事ですが、写真を追記で追加しました↓
ミートソースとアレンジ方法
https://nanten505.at.webry.info/202004/article_14.html

IMG_0394 (002).JPG


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント