幸せホルモン、セロトニン

 幸せホルモンと呼ばれて、不足するとキレやすくなったり気分が落ち込んだり、鬱のようになったりする神経伝達物質です。この本はセロトニンをたくさん分泌するために、よりよい眠りを得るための本です。 目新しいことは書いてありませんでしたが、セロトニンを出すために出来ることを抜き出してみますね。

 朝、朝日を浴びる(体内時計をリセットし、セロトン神経が活性化される)最も基本的で大事な行動。
 
 運動はリズム運動、ウオーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、ヨガ、ダンス、階段上り下り、呼吸法がよい。
セロトニンは作り置きができない。毎日、5分から30分。15分くらいでもいい。苦しくなったり激しい運動はダメ。

グルーミング(コミュニケーション含む)井戸端会議、赤ちょうちん、家族団らん、子どもやペットとの触れ合いなど

お風呂、アロマ、音楽、夜の飲み物はノンカフェイン、パソコン、テレビ、スマホなどは夜は休み、電磁波から極力離れる。

時間があるときの特別メニュー ストレス日記を書く(人に見せるものではなく、内省用) 映画などで泣く、笑う

 特に目新しいことは書いてありませんでしたが、日常の幸せってセロトニンを出すことなんだな。でも人間ってそれだけでは飽き足らなくて、幸せを追い求めている欲張りだなあ。私を含めてね。

過去記事ですが、切り口は違うけど今回の記事と重なることがたくさんありました。

ためしてガッテン 免疫力アップランキング
https://nanten505.at.webry.info/201811/article_1.html

「脳ストレス」に強くなる セロトニン睡眠法
「脳ストレス」に強くなる セロトニン睡眠法


にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント