おばあちゃんの汚部屋のごみ出し その1

 7月にホームステイに来る子がいるので、義母、認知症のおばあちゃんの汚部屋のごみ出しをショートステイ・デイサービスにやりながらコツコツ進めている。20Lを10袋燃えるゴミ、洋服30L X 5袋を焼却場のリサイクルに出した。1/4くらいは私たちのゴミも含まれているけど。 でも部屋のゴミの総量は全然減らず、焼石に水のようだ。これだけ出しているのに部屋を目で見て変化は全然ないのは悲しいけど、コツコツ続けていくしかない。

 汚部屋には紙類が多く、意外と重いので大きな袋に詰められない。うちはゴミ捨て場まで300m近くある。重くて運べないことのないよう、小袋で少しずつ出している。 回収する人も軽い方がいいよね。

 しかしホント、おばあちゃんって何でも取っておく人だ。スーパーのレシート・家計簿・10年分、病院でもらうお薬カードや診療報酬の紙も輪ゴムで縛って10年分。老人会の書類はクリアファイルにファイルされている。分類する手間をかけるのは感心するけど、何のため?とっといて何にするんじゃ? 病院関係は確定申告もしてないのに。まあ、50歳になる旦那や弟のおもちゃや教科書も蔵にあるし、聞いても意味がないけど。

 だから私が捨てなきゃいけない。高校生の一人息子に愚痴る。 私がやんなきゃあんたがやるんだよ、ってね。だんなには物置3部屋の処分を任せるつもり。おそらく7月までには手をつけないであろう。 私が中身を捨てて空にした段ボールは幾つかあるのでそのくらいは捨ててあげようか。

 私はおばあちゃんの汚部屋を見れるレベルにするのが目標。でも自分がさぼっていた、バスルーム、脱衣所、ベランダ、台所引き出し、棚、キャビネ、リビングの食器棚の整理と掃除も少しずつ進めている。どこまでできるかしら?

 こうやってタイムリミット設定されてお尻をたたかれると私も意外とやれるもんだ。火事場のバカ力かしら?まあ、インテリアの見た目を美しくすることに普段まったく無頓着だからこそ、やるとなったら徹底的にやる性分。だから来客も全面拒否!しないんだな。

過去記事ですが、おばあちゃんのゴミとの格闘 粗品タオル編↓
https://nanten505.at.webry.info/201805/article_4.html

 
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック